• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週末エクササイズ!

ぽっこりお腹を解消 朝夜30秒下腹ぺたんこポーズ

2018年8月19日

1ポーズあたりたったの30秒 朝夜の習慣に取り入れてスッキリ下腹に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 骨盤のゆがみは、ぽっこり下腹になる一因。整体のテクニックを利用して、自分で骨盤を正しい位置に導く方法がありました。1ポーズあたり30秒と手軽なので、早速、朝夜の習慣に取り入れて、スッキリ下腹を目指しましょう。

 お腹まわりの筋力が低下し、バランスが悪くなると、骨盤が後ろに傾いたり、開き気味になったりする「骨盤のゆがみ」が起こる。「その結果、内臓が下がり、前に押し出された状態となって、下腹がぽっこり出てしまう」というのは美容整体トレーナーの波多野賢也さんだ。

 骨盤のゆがみを整えるには、筋肉のバランスを整える方法が主流だが、波多野さんが考案したのは、まず骨盤を正しい位置に戻し、筋肉をバランスよく使えるようにする方法。「骨盤調整を自分でできるセルフ整体テクニックです」と波多野さん。

 朝の下腹ぺたんこポーズは、腹式呼吸をしながら全身を上に伸ばす。夜のポーズは、片脚を45度に開いた状態で、ひざとかかとを直角に曲げ、持ち上げるもの。早速、始めてみよう!

「骨盤のゆがみ」を正せば、下腹ぽっこりは改善する

骨盤ゆがみ下腹は、お腹まわりの筋力の低下が原因。これを解消するには、まず骨盤を正しい位置にする。周囲の筋肉をきちんと使えるようにすると、内臓は正しい位置に収まるという。

骨盤が開き、後傾すると内臓下垂に

背骨・骨盤から股関節をつなぐ腸腰筋の筋力が落ちると骨盤は後ろに倒れる。骨盤を下で支える骨盤底筋群が弱くなると、骨盤は開き気味になる。

下腹ぺたんこポーズをすれば…

骨盤が立って締まり、筋肉が正しく使えるようになる。つま先立ちの手を上げる姿勢で骨盤が正しい位置になる。これを保とうとすると、周囲の筋肉がしっかり使えるようになり、引き締まった下腹に。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ