• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週末エクササイズ!

現代女性がほぐすべき箇所は「肩甲骨」と「股関節」

2018年5月6日

体が硬くてもほぐれる肩甲骨&開脚ストレッチでむくみ解消

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 現代女性がほぐすべきは、まずは「肩甲骨」まわり。その次が「股関節」です。今回は女性たちが多数通うヨガ教室を主宰するヨガインストラクターの峯岸道子さんにお話を伺いました。

 日経ヘルスのウェブアンケートでは約8割の女性がストレッチを行っていたが、その半分以上が、「体の症状を改善し、悩みを解消するストレッチがわからない」と明かしている。

 ヨガインストラクターの峯岸道子さんは、「ストレッチを習慣にしている女性は多い。けれど、ストレッチすべき場所を間違っていたり、呼吸がきちんとできていなかったりするために、不調を改善する効果が得られていないという人が多いのでは」と指摘する。

 そこで、峯岸さんと本誌が提案するのは、現代女性に本当に必要な、肩甲骨まわりと股関節の正しいストレッチだ。「ストレッチでは根本的に解決できないと多くの人が感じている肩こりや脚のむくみは、この2大ポイントに関連する骨や関節を支える筋肉に働きかける『正しい』ストレッチで、悩みから完全に解放される」(峯岸さん)。

 3週間毎日行うことで、数々の不調が解消され、話題の開脚ストレッチもできるように2カ月、3カ月と続けるとさらに体は変わる、と峯岸さん。ぜひ、試してみて!

ほぐすべきはこの2カ所

1. 肩甲骨まわり

 背中を覆うように位置する肩甲骨は首や腕などにもつながっており、いわば筋肉の集合地点だ。肩甲骨まわりの筋肉の動きが悪くなると、姿勢が悪くなり、上半身の各所に凝りが生じ、呼吸が浅くなる。たるみも生じやすくなる。

 肩甲骨を覆うように背中上部に大きく広がっているのが「僧帽筋」だ。背中側の表層に近いところに存在し、その下にも肩甲骨のまわりにいくつもの筋肉がある。小円筋、大円筋などは、肩甲骨と上腕の骨をつないでいる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ