• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「運」を良くするには。「占い」の効果的な“使い方”。英雄も実践した、ある「コツ」とは

2015年12月9日

「占い」は当たる当たらないではない!「気付き」で人生は開ける!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

今夏、「運」をよくしてポジティブ脳を作るための考え方を紹介した『「運」の正体』(ワック)を上梓したアストロロジャー(占星術師)の來夢(らいむ)さん。経営アストロロジー協会会長でもあり、マイナスエネルギーをいかにプラスに変えるかという視点で人生やビジネスを考え、OLから経営者まで大きな支持を得る來夢さんに、「占い」とは何か、そして「運」とは何か、「運のいい人」とになるためにはどうしたらいいのかを伺いました。

 アストロロジー、四柱推命など、「占い」と言われるものは、みな何千年も続いてきた先人たちの知恵です。誰かが「発明」したものではなく、古代文明の中で天体の運行の研究が始まるなどして体系化されてきたもの。西洋ルネサンス絵画の巨匠であるレオナルド・ダ・ヴィンチも中国・三国時代の英雄・諸葛孔明も、当たり前のようにこうしたものを活用していました。

 一般には「占い」と言えば、人の未来や運命を予測するようなことを指したりもしますが、私はこうした意味での占いには全く興味がありません。同じ時代に生きる人間が他の人の未来や運命について語るというのは、おかしなことです。そうではなく、星をみることなどによって、自分が生まれきたことに対して先人たちが色々なことを教えてくれる。その知恵は自分自身を知るツールになり、人生の指針となります。

 つまり、占いは、それに振り回されるべきものではなく、人生を後押ししてくれるものなのです。占いに振り回されてしまうと、例えば、何かが起きた時に占ってもらった人のせいにしてしまう。自分の人生ですから、あくまでも大切なのは自分の意思なのです。

 人は不安になると、ああでもないこうでもないと色々なことを考えてしまいます。そんな時に「占い=先人たちの知恵」を活かせばいいのです。

 例えば「星座占い」や「おみくじ」を、どのように見ているでしょうか。「見方」には、ちょっとしたコツがあります。

ここから先は「日経ウーマンオンライン」会員の方(登録は無料)のみ、ご覧いただけます。

  • ログイン
  • 無料会員登録

会員登録をなさっている方は、「ログイン」していただければ、記事をご覧いただけます。
ログインは、上のログインボタンをクリックしてください。
会員登録がお済みでない方は、上の登録ボタンからご登録ください。会員登録は無料です。
※会員登録の詳細は、こちらをご覧ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
來夢(らいむ)
経営アストロロジー協会会長。早稲田運命学研究会顧問。マイナスエネルギーをいかにプラスに変えるかという視点から、人生やビジネス・経営を考える。OL、主婦、ビジネスマンから経営者まで、20年以上にわたって、完全紹介制で指南役として絶大な支持を得ている。著書に『月のリズム』(きずな出版)、『らせんの法則で人生を成功に導く 春夏秋冬理論』(実業之日本社)、『運は変えられる!』(大和書房)『「運」の正体』(ワック)など多数。公式サイト:SEASONS 
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ