• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一度試すと手放せなくなる!? もっと活用したい「Siri」

2015年10月19日

メッセージやメール、アラーム……話しかけるだけで対応してくれる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「習慣心理学」の佐々木正悟です。使っている人と使っていない人の二極化が著しいiPhoneの音声認識サービスのSiriですが、ちょっとしたことをするのにはかなり便利です。

 おそらく「ちょっとしたこと」過ぎるから印象に残らなくて、使ってない人が多いのでしょう。

 今回はよくある2つの使い方を改めてご紹介します。

 1つは、特定の人にメッセージを送信する方法。もう1つは、アラームなどの設定方法です。

よく連絡する人は「ニックネーム」をつけておく

 メッセージにせよ電話にせよ、Siriに「話しかける」形にするには、日頃から慣れ親しんでいる言い回しをとっさに使えると、使い勝手が一気に向上します。

 たとえば私にしても妻子や母のことを「佐々木○美さん」などとは呼びませんから、「佐々木○美さんに夕食は要らないとメッセージで送信」と、とっさには言いにくいわけです。

 それに、こういう言い方をしたときほど「すみません。よく聞き取れませんでした」などとSiriに言い訳されます。

 こうしたケースのために「ニックネーム」を使います。デフォルトの連絡先から個人情報を呼び出して「ニックネーム」を付けることができます。

 これを見たこともない人は多いでしょう。デフォルトでは表示されていないからです。「フィールドを追加」してあげると、「ニックネーム」が出てきます。言いやすい名前を入れておきます。

 すると、たとえば「のきばに今電車の中とメッセージを送って」とiPhoneに言うだけで、iPhoneがやってくれます。駅での移動中などに、これはとても便利です。ちょっとしたメッセージを送り損ねて、後であれこれ言われるのを、事前に予防できます。

 この調子で電話したり、メールをしたりも、もっと手軽にできるようになります。よく連絡する相手の「ニックネーム」は必須です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホSiri

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ