• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

iPhoneバッテリーのストレス解消!3時間も長くもつiOS9の便利な機能を検証

2015年10月12日

iPhone・iOS9の「低電力モード」で、消費電力を最小限に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「習慣心理学」の佐々木正悟です。iPhone、iOS9になって新しい機能がいろいろ加わりました。

 いろいろ紹介したい機能で満載ですが、とりあえず、バッテリーを長持ちさせる低電力モードを取り上げたいと思います。

 バッテリーを長持ちさせる小技は以前からいろいろとありました。

 わかりやすいところでは、輝度を下げる。

 あるいは、移動ログなどを自動的に記録するアプリを使わない。

 また、インターネットのテザリングなども、電力消費が大きい。

 こういうことに気をつけるだけでもだいぶ違うことはたしかです。しかし、テザリングはしない、移動ログは使わない、挙げ句の果てにいつも暗い画面でiPhoneを使うというのでは、ちょっとストレスです。

 そこで外付けバッテリーという発想に至るわけです。

 でもこれはこれで、ストレスがたまるところもあります。

 まず、大きくて重いものを持つことで、ほぼすべての問題を解決はできるのですが、iPhoneを2つ持ち歩いているようなあんばいになってしまうので、それはそれで何かが間違っているような気もします。

 しかし、小さくて可愛らしいリップスティックみたいなバッテリーだと、やっぱりあまり充電時間が延びません。それに、つけて充電されるのに時間がかかったりするので、それだけでもストレスです。

 なにより、外部充電池は、それにも充電しなければなりません。iPhoneの充電だって忘れかねないのに、その上外部バッテリーの充電も忘れないようにする。それ自体がひとつの面倒です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ低電力モード

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ