• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「万能なデイリーブランド」を普段の通勤ファッションに取り入れる三つのルール

2016年1月22日

上手に取り入れて、「低予算でもおしゃれ」を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 人気雑誌のファッションページで人気のスタイリスト・門馬ちひろさんに着こなしのヒントをレクチャーしてもらう連載4回目は、「デイリーブランドコーデ」第二弾です。数あるデイリーブランドの中でも、低価格でベーシックなデザインが使える優秀ブランドの「UNIQLO」、「Gap」、「ローリーズファーム」のアイテムを使って、通勤ファッションにお手頃価格の服を上手に取り入れるコツをご紹介します。

 オフィスファッションにデイリーブランド服を取り入れるときに気を付けたいことは、なんといっても清潔感があってクリーンな印象に見えるか、ということ。そのためにこだわって欲しいのがカジュアルコーデのときと同様にサイズと素材です。通勤服の場合は、ゆる過ぎるシルエットではだらしなく見えがちなので、きちんとした印象に見えるジャストサイズを選びましょう。スカートやワンピースの丈がオフィスで浮いてしまわないか必ずチェックして!

 素材の面では、パリッとしたシャツやハイゲージのニット、型崩れしにくい地厚のスウェットなどがオフィス向けと言えるでしょう。今季人気のローゲージニットを選ぶなら、モヘアなど毛足が長いものより、しっかりと編みこまれたものがおすすめです。

<デイリーブランドを通勤ファッションに取り入れるポイント>
・必ず試着して、だらしなく見えないジャストサイズを選ぶ。
・清潔感が決め手。パリッとした素材や型崩れしにくい素材を選ぶ。
・キレイ色のアイテムを合わせたり、ネックレスやスカーフをプラスして、華やかさを意識する。

Styling 1
キレイ色を合わせれば、スウェットワンピがオフィス顔に!

 一見するとカジュアルに見えるスウェットワンピ。生地がしっかりしたものを選んで、キレイめにコーデすればオフィスにも着ていけます。ライトイエローのハイゲージニットカーデを羽織ってパールのネックレスを合わせれば、ダークカラーを着ている人が多く沈みがちなオフィスで好印象を与えること間違いなしです。

カーディガン 2990円、ワンピース 2990円(※1月末入荷予定)/UNIQLO 他スタイリスト私物

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る


Profile
門馬ちひろ(もんま・ちひろ)
スタイリスト
2012年から人気スタイリスト福田麻琴氏に師事。2015年独立。その後、アラサー世代のファッション誌をメインに幅広い年齢層の女性誌で活躍。その他にも広告、カタログ、アナウンサーのスタイリングなど多方面でのスタイリングを手がけている。ベーシックを基本に、きれいめカジュアルや、女性らしくほどよくトレンド感のあるスタイリングに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
ファッションプチプラ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ