• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ウーマン・オブ・ザ・イヤー

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019発表!(3/5)

2018年11月30日

大賞は、1日100食限定のステーキ丼専門店で、人生100年時代の新しい働き方を示したminittsの中村朱美さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

再出発サポート賞

14歳からホームレス支援活動を始め、19歳でNPO法人を立ち上げ、理事長に。
長年の夢だった自立支援施設が2018年に完成!

川口 加奈さん(27歳) かわぐち・かな
NPO法人Homedoor 理事長

 14歳で炊き出しのボランティアに参加。以後、13年にわたりホームレス支援活動に携わる。19歳でNPO法人Homedoorを設立。21歳のとき、シェアサイクルビジネス「HUBchari(ハブチャリ)」を始め、ホームレス状態の人の就労支援活動の柱とする。以後、ホームレス状態の人にお弁当を配る夜回り活動「ホムパト」やシェルター設置など、ホームレス支援活動の内容を充実させる。2018年には大阪市北区の5階建てのビルを借り、包括的な自立支援ができる「アンドセンター」を設立。17歳から思い描いていた夢をかなえた。



新・事業承継モデル賞

廃業する今治の老舗タオル会社を事業承継。
知識も顧客もゼロからブランドを立ち上げて黒字に

丹後 佳代さん(38歳) たんご・かよ
丹後 取締役

 故郷の愛媛県今治市で、歴史あるタオル会社が後継者不足のために廃業しようとしていると知り、親族でもなく、異業種からの参入で未経験な上に、取引先もゼロという状況ながら、同郷の夫とともに3年前に事業を承継。直後の半年間は受注ゼロという逆境を乗り越えて、自信を持って売れる高品質のタオルを開発。イベントやSNSなどを利用してブランドイメージを演出して徐々に顧客を増やし、黒字化にこぎつけた。新卒採用も始めており、「若者が戻りたい今治」を目指している。



世界の子供を守る賞

カンボジアで「子供が売られる」問題が改善
次はインドでも同様の課題に、2020年を目標として取り組む

村田 早耶香さん(37歳) むらた・さやか
NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表

 カンボジアで16年間にわたり、子供が売春宿に売られる問題の解決に向けて取り組んできたNPO法人かものはしプロジェクト。この組織を大学生のときに仲間と立ち上げた村田さんは、現地で困難な状況に直面しても「子供が売られてはいけない」という信念を貫いた。2018年4月からは、この問題がより深刻なインドに経営資源を集中させて、被害女性の社会復帰支援や、新法成立のために活動する。村田さんらが伝える思いに賛同するサポーター会員は、6995人(18年3月末時点)に。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ウーマン・オブ・ザ・イヤー働き方お仕事術就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ