• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

紙と青ペンさえあれば脳のやる気スイッチは入れられる

2016年4月25日

頭ではなく指先で記憶する「青ペン書きなぐり勉強法」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

落ちこんでいるときに元気がもらえたり、新しい視点が得られたり……ときには、人生が変わるほどの大きな力を持つ「本」。広告代理店のクリエイティブプロデューサーとして数多くの「人の心を動かす言葉」を生み出してきたひきたよしあきさんによる『あなたを変える「魔法の本棚」』連載では、読むたびに自分の個性や知性が磨かれ、人生が前向きに変わっていくことを実感できる“特別な一冊”を厳選して紹介していきます。

◆今回のことば

「空インクの達成感」

――頭がよくなる「青ペン書きなぐり勉強法」より

頭がよくなる「青ペン書きなぐり勉強法」

 誕生日に万年筆をプレゼントした人が、こう言ってくれました。

 「スペアインクが空になって、新しいものを目指すたびに万年筆と親しくなれたような気がします」

 この気持ち、よくわかります。40年近く万年筆を愛好している私でさえ、空になったスペアインクを捨てられないでいます。ひとつの作品を書く時に、空のスペアインクを並べて励みにすることもよくあります。

 この青ペン勉強法の根っこにある気持ちは、「空インクの達成感」です。水性ボールペンのインクが意外なほど早く消費するのを利用して(?)、がんがん書きなぐることへの励みにするのです。大きなA4サイズのノートに、何度も何度も暗記したい単語や文章を書きなぐっていく。掲載された受験生のノートを見ると、「書きなぐり」という言葉がぴったりなほど、書いて書いて書きまくっているのです。

 私にこの本を教えてくれたのは、超有名外資のコンサルタントでした。浪人時代にこの方法を予備校の「早稲田塾」で習って以来、大学に入ってからも青ペン学習を続けたそうです。その成果なのか、仕事をしているときの書くスピードと集中力がケタ違いにすごい。あまりのすごさに秘密を聞いたのでした。

 「結構、社会に出てからも続けている人いますよ。僕なんか学生時代からずっと空になったインクの芯を保存しています。落ち込んだときはそれを眺めます。」確かにその後注意してみると、若くて優秀な人のなかに水性の青ボールペンを使ってガンガン書く人がいました。多分皆、同じ予備校出身なのでしょう。

 彼らは頭ではなく指先で記憶する方法をマスターして大学で学び、社会に出ました。パソコン全盛の時代にかなり異色ですが、その成果は目を見はるものがあるようです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。


Profile
ひきたよしあき
ひきたよしあき
博報堂クリエイティブプロデューサー。早稲田大学卒業後、博報堂に入社。クリエイティブ局で、CMプランナー、クリエイティブ・ディレクターを経て現職。明治大学で教鞭をとるかたわら、朝日小学生新聞にコラムを連載。年間約1000本のコラムをfacebookに投稿し、幅広い世代から圧倒的な支持を得ている。著書に、「あなたは言葉でできている」(実業之日本社)「ゆっくり前へ言葉の玩具箱」(京都書房)。facebook:www.facebook.com/yohikita
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ