• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

好きを仕事に…人に言えない趣味も仕事にできるのか?

2016年12月2日

やる気のないごく普通のOLの物語 第三回

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「何のために働いているのかわからない」。そんな悩みを抱えているこじらせOLが、ふとしたきっかけから自分の「夢」に気づき、自分の生き方を大きく変えた――。そんなストーリーの小説『言い訳ばかりの私を変えた夢みたいな夢の話』を、本連載「才能がない人の夢のかなえ方」としてお送りしていきます。前回、上司から「好きなこと」を聞かれてタロット占いと答えた主人公のヤグチでしたが…。

著者からのメッセージ:本連載の前書き「副業が会社バレ ピンチ、異動、そして夢が近づいた話」
第一回:お給料のためだけに働くOL、夢について考える
第二回:夢ナシ契約社員 異動先で「あなたの夢は?」と聞かれて

【第三回】本当に好きなものとは

 どう考えてもおかしい。
 サイトにのせるなら、ニュースとか、自社のサービスへ誘導する記事とか、有名人のインタビューとか、そういうものじゃないのか?
 どうして私が……タロット占いについて会社のサイトに書くのだろうか。
 謎だったけれども、なんとか3つほど企画を考えて、次の打ち合わせに持って行った。

 「考えてきてくれてありがとう。さっそく見てみるよ。どれどれ……」
 相変わらず、メガネの向こうにある目からは、何を考えているのか読み取れない。

 「うーん……」

 いきなり考え込んだかと思うと、きっぱりこう言った。
 「ヤグチさんてさ、ほんとに占いが好き?」
 「えっ? チーフって、占いにくわしいんですか」
 「そうじゃないけど、なんとなくこの企画には、あんまり命が懸かってない気がするんだよね……」

 命が懸かっていない……? 少年マンガのセリフか!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
吉永龍樹
吉永龍樹(よしなが・たつき)
1979年生まれ。 静岡県出身。 学生時代に作成した個人サイト「僕の見た秩序。」が4年で1億アクセスを突破。現在は東京都を拠点に、サラリーマンクリエイター、インターネット専門家としてWEB、ソーシャルメディアを中心に活動中。著書に『ゆかいな誤変換。』『ハイブリッドワーカー』『言い訳ばかりの私を変えた夢みたいな夢の話』など。Webクリエーションアウォード WEB人賞受賞。LINEスタンプ「エヅプトくん」は女子高生を始め、世代を越えて大ヒット中。最新作は「肉くん」スタンプ。
Twitter: https://twitter.com/dfnt
Facebook: https://www.facebook.com/dfnt.net
関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ