• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今さら人に聞けない アメリカ大統領選挙のキホン

2016年11月9日

2大政党代表者の決選は、11月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

いよいよ2016年11月8日に本選挙を控えた米国大統領選挙。さまざまなゴシップも飛び出しながらも大詰めを迎え、来年1月には新しい大統領が誕生します。約1年にわたって繰り広げられる大統領選、そもそもどんな仕組みだったっけ? 今さら人に聞けない大統領選のキホンを解説します。今のうちにおさらいしておきましょう!

本選挙は2週間後 (C) PIXTA

オリンピックと同じ年の4年ごとに選挙

 11月8日の本選挙を控えて、いよいよ佳境のアメリカ大統領選挙。今回は民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプの一騎打ちですが、当初の候補者は20名以上でした。そこからどうやって大統領を選んでいくのか……まずは選挙の年や政党など、アメリカ大統領選挙をキホンからおさらい。そして、選挙の流れや各候補者の特徴までをみていきましょう。

○選挙の年:4年ごと。夏季五輪と同じ年で、投開票日は11月の第1月曜日の次の火曜日。

○米国大統領の任期:1期4年で、2期8年まで。オバマ大統領は2期(8年間)大統領を務めています。

○大統領になるための条件:1.アメリカ合衆国出生で市民権保持者、2.14年以上アメリカ在住、3.年齢35歳以上。


 つまり、アメリカ生まれの市民で14年以上アメリカに居住する35歳以上の人。移民や帰化者ではなれないということ。少し前に、トランプが「オバマはケニア生まれで大統領の資格がない」と発言したことを受けて、オバマがハワイ生まれの出生証明書を公表する騒動もありました。

 さて、クリントンとトランプが所属する2大政党はカラーもはっきりしています。この2大政党とはどんなものかを見てみましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュースを手がける。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)ほか多数。 ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ