• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新「鉄の女」はおしゃれ番長、イギリスのメイ首相

2016年7月27日

EU離脱の交渉相手・ドイツのメルケル首相との共通点は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは、著述・翻訳家の上野陽子です。国民投票でEU(ヨーロッパ連合)からの離脱を決めたイギリスで、キャメロン首相が退任。代わって、キャメロン政権の内相を務めたテリーザ・メイ氏が新しい首相に就任しました。イギリスではマーガレット・サッチャー以来26年ぶりに、女性首相の誕生です。メイの人物像に迫ってみました。

EU離脱の申し子は「冷たい女」?「おしゃれ番長」?

イギリスのメイ新首相ってどんな人物? (c)PIXTA

 メイ新首相は、保守党初の女性幹事長に就任するなど、党内の要職を歴任してきました。2010年からはキャメロン政権で6年にわたって内相を務め、ウォールストリートジャーナルで「派手さはないが実力派」と評されるなど、テロ対策や移民問題などに取り組んできた女性です。

 スピーチでは歯切れがよくきっぱりとした物言い。周りの評価は「静かながら芯の強さと交渉能力を兼ね備える」とされ、長い間ずっと首相候補とされてきました。メイ氏と各国内相のやりとりを目にした外交官らは「極めてタフで単刀直入」と評価しています。

 誰の評価にも「女性だから」といった視線は一切感じられません。ただ一つ、足元のファッションは常に気を配り、そのセンスが話題になっていることだけが「女性」としての話題でしょう。そして「頭がよくて鋭く強い」との定評がありながらも、同僚などからは「愛される人」との証言も聞かれます。周りの良好な評判から察するに、私たちの会社で側にいても嫌な上司タイプではなさそうです。

 その一方で、自分の考えをあまり表に出さず、政治家同士であまりベタベタしないがゆえに「冷たい」とも言われます。でも、癒着がないからこそキレのいい発言ができるとも言えるでしょう。こうして「メイは、魔法を使ってサッチャーの魂を抜き出して作ったかのようだ」と報道されるなど、まるで「鉄の女マーガレット・サッチャーの再来」と騒がれているのです。

 では、そもそもサッチャーは、なぜ「鉄の女」と呼ばれたのでしょう。そして「鉄の女」や「サッチャーの再来」は、悪いニュアンスなのでしょうか? 

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュースを手がける。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)ほか多数。 ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ