• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スカートをはきたい? 男心の心理学

2017年7月11日

イギリスの学校で男子生徒がスカートをはきだした!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。著述・翻訳家の上野陽子です。イギリスの学校で、男子生徒50人がスカートで登校した姿が各国のメディアで報道されました。普段は長いパンツにネクタイスタイルの男の子たちに、いったい何が起きたのでしょうか。

なぜスカートがよくて、短パンがダメなんだ?

 イギリスの学校Iscaアカデミーで、男子生徒50人がスカートをはいて登校した姿が英ガーディアンや英インディペント紙、他で報じられました。この学校は「セカンダリースクール」なので、報じられた男の子たちは11歳~16歳となります。

 普段は長いパンツに靴下にネクタイ、場合によってはブレザー着用のきちんとしたいでたちの生徒たち。ところが、この日の気温は30度を超え、とてもそんな服装でいられる気候ではありません。そこで学生や親が「短パンで登校したい」と訴えたところ、学校側は校則から外れるとして却下。「もし短パンをはいてきたなら隔離する」としました。

 生徒が「女子はスカート。足を出している」と抗議をすると、「はきたいなら、スカートをはいてくればいい」と先生。そう、校則ではスカートはOKです。でも、これはもちろん、先生の皮肉でした。

「女子はいいよなあ~、足元が涼しげで」男の子だって、涼しい服装がしたいのです (C) PIXTA

 ところが、生徒たちはこれを逆手に取り、男子生徒が姉妹や友人に借りたスカートで登校するという、抗議の行動を起こしました。学校は「スカートならいい」と言ってしまった手前、スカートをはいた男子を罰することはできません。

 英テレグラフによると、5人で始まった抗議行動ですが、やがてスカート姿の男子生徒は50人に膨れていました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュースを手がける。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)ほか多数。 ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ