• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「やる気」がみなぎる魔法のひと言~イリノイ大研究から

2016年3月8日

自分を鼓舞するときに効果的な呼びかけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。著述・翻訳家の上野陽子です。いつも、生き生きとして見える女性は、職場でもやがてプロジェクトで抜擢されたり、周りに人が集まってきたりするもの。誰だってやる気がないときはあるはずなのに、なぜあの人は、いつもやる気に満ちているように見えるのでしょう……。イリノイ大学のデータが、やる気の「ひと言」を解き明かしてくれました。

心に効く、ある「ひと言」

 やる気が出ないとき、あなたはどう対処していますか。気晴らしをする時間があれば、お茶を飲むだけでもほっとリフレッシュもの。でも、それでもどうにもやる気が起きない経験をした人もいることでしょう。大人の女性としては、気持ちの中で処理しなければ……。

 そんなときに「頑張れ自分!」よりも、ほんのひとひねり。あるひと言が効くんです。

 イリノイ大学の研究者サンダ・ドルコス氏とドロレス・アルバラシン氏は、143名の心理学専攻の学生を対象に、文字を並べ替える“アナグラム・パズル”を解かせる実験をしました。パズルを解くにあたって、「自分に対するアドバイスを“書き出す”ように」と依頼しています。たとえば、「頑張れ」や「できるよ」といったこと。

 そのとき学生を2グループに分けて、こんな指示を出しました。

(1)「私」「自分」のように1人称を主語にした呼びかけで、自分に対するアドバイスを始める。

(2)「あなた」「キミ」という2人称を主語にした呼びかけで、自分に対するアドバイスを始める。

 さて、(1)と(2)、どちらの呼びかけの方が、やる気を起こせたでしょう。

 実は、「あなたならできる!」「キミなら大丈夫!」と、まるで外から呼びかけるようにした人のほうが解いた問題数が多く、パズルに関してより前向きな姿勢を示しています。さらに、135名の学生に2週間、運動量を増やす実験をしました。ここでも同様に、「あなた」と声をかける人のほうが、運動計画を立てるほど前向きになっています。

 ポイントは主体が「自分」なのか、自分を客観的に見た「あなた」なのか。これで脳の働きやモチベーションが大きく違うのだそうです。では、なぜ「あなた」のほうがいいのでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュースを手がける。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)ほか多数。 ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ