• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「職場で大切にされる女性」の共通点~スタンフォード大研究から

2016年2月2日

あなたの心の持ち方や振る舞いが、社内の人間関係を左右する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 仕事がうまくいく人、職場で大切にしてもらえているなと感じる人……そんな人たちには、ある共通点があることがスタンフォード大学の研究で明らかにされています。そこに必要なのは能力ではなく、○○でした。

仕事や人間関係に必要なのはIQではない

 最近のスタンフォード大学の研究で、自分の心の持ち方や振る舞いが、IQよりもずっと出世や人間関係に影響することが分かりました。心理学者のキャロル・ドゥエック氏は、人の心の持ち方には2種類あり、その人の成功に大きく関わってくるとしています。

 その2種類とは、「停滞型マインドセット」と「成長型マインドセット」です。

 まず、「停滞型マインドセット」とは、「自分は変えようがない」という心持ちの人。このタイプの人は、何か大きな問題にぶつかったときや難題を投げられたとき、どうにもならないと諦めてしまいがちです。

 例えば、明日までに企画を考えてと言われたとき。誰でも「ムリ」と思うことでしょう。ただ、たとえムリと言ってしまっても、心持ちが「できるかも」「おもしろそう」と思えるかどうかがポイントです。

 この「停滞型マインドセット」の人は、自分がムリだと思ったときには、人の足を引っ張ったり、自分より出来の悪い人を探して安心したりする傾向が見られます。そして“酸っぱいブドウ”のような原理が働きます。つまり、「あんなものはやりたくもなかった」「やってみたって面白くない」というわけです。

 一方の「成長型マインドセット」の人は、「努力をすればなんとかなる」と考える人。このタイプの人は、停滞型マインドセットの人よりもIQが低かったり、経験が浅かったりしても、良い結果が得られます。なぜなら、難しいことにも「まずは挑戦しよう」という意識が働き、これを「新しいことができるチャンスだ」と捉えることができるから。これで、脳が自然に前向きに働き始めます。「ムリそう」なことに対して「でも面白いかも」とすぐに反応できるだけで、ずいぶんと気持ちが前向きになるものでしょう。

 あなたはどちらのタイプでしょうか? 「自分は停滞型マインドセットだ……」と思い当たる人でも、克服方法はあります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュースを手がける。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)ほか多数。 ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーメンタルヘルス

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ