• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クリムト名画に隠された真実。1人の女性が家族のために権力へと立ち向かった感動の実話!

2015年11月28日

「黄金のアデーレ 名画の帰還」サイモン・カーティス監督インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「女子による女子のための映画DVDガイド」の映画ライター・清水久美子です。

 権力を握る者や、勝てそうにない相手に対して、自分の意見を言って立ち向かう。すごく勇気が要るし、容易なことではないですよね。大概は声を上げるのを我慢して、諦めてしまうことが多いのではないでしょうか。

 今回紹介する「黄金のアデーレ 名画の帰還」は、ある1人の女性が国を相手に訴えを起こし、何年も戦い続けた実話を基にした映画です。主演は、アカデミー賞に4度ノミネートされ、エリザベス女王を演じた「クィーン」で主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン。監督は、「マリリン 7日間の恋」のサイモン・カーティス。

 PRで来日した、ヘレンとは古い仲だというカーティス監督にインタビューし、映画の裏側やキャストの魅力などについて伺いました。

「黄金のアデーレ 名画の帰還」
11月27日(土)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
(C) THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015
提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ギャガ
公式サイト:http://golden.gaga.ne.jp/

 まずは映画の内容を紹介します。

 1998年、アメリカ・ロサンゼルス。小さなブティックを切り盛りする82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉がナチスに没収された叔母の肖像画を取り戻そうとしていたことを知ります。ユダヤ人として波瀾の人生を共にした姉の遺志を継ぐと決めたマリアは、友人の息子で弁護士のランディ(ライアン・レイノルズ)に相談します。

叔母アデーレの肖像画の返還を求めたいとランディに相談するマリア。
ランディは弁護士として独立したばかりだった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ人間関係の悩みクリムト

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ