• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

7年間、男に監禁された女性が脱出を計画……試練のゆくえは

2016年4月9日

アカデミー賞主演女優賞受賞「ルーム」来日記者会見レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「女子による女子のための映画DVDガイド」の映画ライター・清水久美子です。

 「本年度のアカデミー賞主演女優賞は、絶対にこの映画のブリー・ラーソンだな」と、映画「ルーム」を観た時に思いました。そして、その通りになりました。この予想は決して難しくなく、本作を観た人はみんなそう思ったのではないでしょうか。

 7年間も監禁され、その間に息子を出産。とても恐ろしい出来事が描かれているにもかかわらず、息子を守る母親の愛の深さと、ヒロインが立ち向かう困難、そして彼女の強さに心を打ち抜かれ、観た後には感動しか残らないという傑作です。

 主人公の複雑な心情を秀逸に演じ切ったブリー・ラーソン。オスカーにふさわしい彼女の名演技を堪能できる映画「ルーム」を紹介します。

「ルーム」
4月8日(金)TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズシャンテ他 全国順次ロードショー
(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015
配給:ギャガ

公式サイト:http://gaga.ne.jp/room/

 ママ(ブリー・ラーソン)とジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)が二人で暮らす部屋。そこは天窓が一つあるだけの、とても狭いところです。今日はジャックの5歳の誕生日。ママはケーキを焼いてくれますが、ロウソクがないことにジャックはガッカリします。

髪を伸ばしっぱなしのジャックは女の子のように見えるが、5歳の男の子だ

 夜になると、ジャックは洋服ダンスの中に入って眠ります。時々、オールド・ニック(ショーン・ブリジャース)という男が部屋を訪ねて来るのですが、ママはジャックを彼に近づけたくないのです。彼はママが頼んだ服や食料を置いていきますが、十分ではなく、「ジャックにもっと栄養を」と抗議すると、オールド・ニックは逆上し、部屋の電力を切ってしまいます。

 寒さに震える中、ママはついに決心します。生まれてから一歩も外へ出たことがなく、この部屋が全世界だと信じているジャックに、真実を話すのです。ママの名前はジョイで、この納屋に閉じ込められて7年になり、外には本物の広い世界がある。そう聞いたジャックは、訳が分からず大混乱に陥ります。

ジャックは外に“世界”があることを初めて聞かされる

 外の世界に興味を持ち始めるジャック。そんな息子に勇気を得たママは、ジャックを外に出す計画を立て始めます。いつも読み聞かせていた『モンテ・クリスト伯』をヒントに、ジャックに死んだフリをさせ、オールド・ニックに外に運び出させる計画です。ジャックをカーペットにくるんで、何度も段取りを練習させるママ。その時、オールド・ニックの足音が近づいてきます……。

どうにかして息子を救いたいママは、怖がるジャックを説得して練習させる

 本作の物語、そしてヒロインの試練は、ここから始まると言っても過言ではありません。全く予想できない展開に引き込まれ、これまでに味わったことのないような映画体験が待ち受けています。

 とても悲しいことに、監禁事件は、世界中で、そして日本でも後を絶ちません。この記事を執筆している今も、少女が監禁部屋から脱出したというニュースが報道されています。

 本作のPRで来日したブリー・ラーソンは、「ルーム」の内容を「実際に私達の人生でも起こりえること」とコメント。彼女がジャック役のジェイコブ・トレンブレイ君と一緒に登壇した記者会見を取材してきましたので、レポートをお届けします。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ