• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【TAOさん】「私にしかできないこと」を追及していきたい

2016年3月26日

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に出演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「女子による女子のための映画DVDガイド」の映画ライター・清水久美子です。

 世界的に有名なモデルで、現在は女優業を中心に活動しているTAOさん。当連載では、3年前にTAOさんが映画「ウルヴァリン:SAMURAI」で女優デビューした際にインタビューしましたが、今回、彼女が出演した最新映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の公開にあたって、再びTAOさんへの単独インタビューが実現しました!

 3年間で、TAOさんは役者としてどのような成長を遂げたのでしょうか。話題のエンターテイメント超大作に抜擢された経緯や、撮影裏話、演技への向き合い方など、たっぷりと語っていただきました。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
3月25日(金)3D/2D/IMAX 公開
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/batmanvssuperman/

 誕生から70年を超える歴史を持つ、2大ヒーローによる世紀の対決を描く「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。日米同時公開となった本作は、注目を集めつつも、なぜ“正義”であるはずの2大ヒーローが戦うのか、彼らに何が起こったのかなどは極秘にされ、製作されてきました。その全貌が、いよいよ明らかになります!

 自身の正体を隠しながら、孤独に戦ってきた2人のヒーロー、スーパーマンとバットマン。

 昼は真面目な新聞記者として暮らす、心優しいクラーク・ケント(ヘンリー・カヴィル)は、“地球最強の男”スーパーマンとして、幾度となく人々を救ってきました。ところが、彼の超人的な力は人類の脅威を排除する際に、人々の生活に甚大な被害を及ぼしてしまいます。そして、彼の存在自体が“脅威”として恐れられるようになっていきます。

地球を救ってきたスーパーマンが人類の脅威となってしまう
スーパーマンの存在が“悪”に……?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ