• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イタリア女性に学ぶ、男性が優遇される職場で成功する秘訣

2016年3月12日

高学歴と華々しいキャリアは宝の持ち腐れ? 映画「これが私の人生設計」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「女子による女子のための映画DVDガイド」の映画ライター・清水久美子です。

 素晴らしい才能を持ち、最高レベルの学校で学び、海外で仕事をして成功。それなのに、帰国してみたら、同じ職種では圧倒的に男が有利で、女に仕事は回ってこない……。

 あまりにも不条理な話ですが、イタリアでは女性が建築家として活躍しようと思っても、なかなか職を得られないそうです。日本でも女性の建築家は男性よりも少なく、ほかにも技術関係の専門職では男性の方が数が多いと聞きます。

 今回紹介する公開中の映画は、高学歴と素晴らしいキャリアを持っているのに、壁にぶち当たってしまうヒロインの物語です。彼女は、どのようにして壁を乗り越えるのでしょうか!?

「これが私の人生設計」
2016年3月5日 新宿ピカデリー他にて公開
(C) 2014 italian international film s.r.l
配給:シンカ

公式サイト:http://korewata.com/

 イタリア・アブルッツォ州の山間の小さな町で生まれたセレーナ・ブルーノ(パオラ・コルテッレージ)は、父親の影響で子どもの頃から建築に興味を持ち、才能を発揮していきます。一流の学校に進学して、優秀な成績で飛び級卒業した後は、ロシアや中国など世界各地で修士号を取得。各国で建築家として活躍し、華々しいキャリアを築き上げていくセレーナ。

セレーナは外国でどんどんキャリアアップしていく

 ところが、ロンドンで暮らしていた時、故郷が無性に恋しくなったセレーナは帰国を決意。祖国で建築家の仕事を探しますが、イタリアの建築業界は男性中心の社会でした。面接を受けても、セレーナの輝かしいキャリアは何の役にも立たず、「妊娠したら解雇」などと言われる始末。

 憤慨するセレーナでしたが、仕事に就けず、貯金も底をついてしまいます。仕方なくレストランでウエートレスとして働き出した彼女は、超イケメンのオーナー、フランチェスコ(ラウル・ボヴァ)にすっかり心を奪われます。

優しくてセクシーなフランチェスコにメロメロなセレーナ

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ