• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【竹内結子さん&橋本愛さんインタビュー】引っ越し先が、実は“事故物件”だったら?

2016年1月30日

見えない恐怖がジワジワと迫りくる! ホラー映画「残穢(ざんえ)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「女子による女子のための映画DVDガイド」の映画ライター・清水久美子です。

 実家を出て一人暮らしを始める時や、新居への引っ越し、さらにはマイホームを購入する時などは、とてもワクワクしつつも、住む場所の条件や環境について調べることは非常に重要。できれば新築が良いけれど、ちゃんとリフォームが済んでいれば築年数が経っていてもOK。でも、もしも自分が住む場所に何か“過去”があったら……?

 “事故物件”と呼ばれる、自殺や殺人・放火などがあった家や土地に、そうとは知らずに住んでしまい、後から不審な音や出来事に気付くなどということは絶対に避けたいですよね。

 ある部屋から聞こえる奇妙な“音”からたどっていき、やがて明らかになる戦慄の“真相”を描く映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」。第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美さんの小説『残穢』が原作のこの映画で、原作者を彷彿とさせる主人公「私」を演じた竹内結子さんと、「私」の相棒となり、事件の真相を探っていく女子大生・久保さんを演じた橋本愛さん。とても怖がりだという竹内さんと、ホラー映画は大丈夫だという橋本愛さんにインタビューし、映画の見どころや、怖~い撮影裏話などを伺ってきました。

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」
2016年1月30日(土)全国公開
(C) 2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
原作:小野不由美『残穢』(新潮文庫刊) 第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋
脚本:鈴木謙一
出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか
配給:松竹

公式サイト:http://zang-e.jp/

 実は私、ホラー映画は大の苦手なのですが、今回は思い切って観てきました! 本作は、よくあるいきなりビックリさせるホラーとは違って、もちろん怖いのですが、とても参考になる知的な作品だと感じました。すごく現実的で、実際に起こりそうだと思わせる映画です。

 それでは、あらすじを紹介しますね。

 小説家の「私」のもとに、久保さんという読者から1通の手紙が届きます。そこには、久保さんが住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするということが書かれていました。好奇心をそそられた「私」は久保さんと会い、二人で調査を開始します。

読者の手紙を執筆活動の参考にしている「私」。
「私」と久保さんは協力して奇妙な音の原因を探り始める。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ