• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アルバイト時代の先輩が心強いメンター、古き良き人間関係は宝物

2016年2月20日

女性カメラマンが突撃取材! 働くイケメン図鑑Vol.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 男性の魅力を100倍、いや1000倍にも引き出すイケメンハンター・カメラマン清水知恵子が、さまざまなお仕事に携わる男性を激写。今回は国際宝飾展の会場へ出向き、ジュエリー業界で活躍する男性を直撃しました。

このイケメンに聞きました!

 松本信二郎さん リアルビジョンシステムズ 営業課長

日常のお仕事内容

 ソフトやネットワークシステム、工業製品の開発をしている会社です。

 私は学校で機械工学を学んだ後、家業である今の会社を継ぐことを決意しました。肩書きは営業ですが、小さな会社ですので、なんでも自分でやってます。

 仕事は海外の展示会での営業が多いです。小さなミスも大きな損失につながるので、気を引き締めながら仕事をしています。

いま、最も打ち込んでいること

 精密3Dプリンター「Vision Realizerシリーズ」がイチオシです。安くて、早くて、精度抜群でキレイ。しかも安心の国産。ジュエリー業界向けの3Dプリンターを展開しているので、今、この場にいます。

 3Dプリンターはジュエリーのデザインに重要な役割を担いますが、ジュエリーにとどまらず、医療やフィギュアの一つひとつのパーツや精密部品など、試作品のデザインチェックに適しています。大学の研究所でも使われているんですよ。

 このところは、この商品の認知度を上げるため、海外の展示会に出展していました。しかし、日本もオリンピックなどの効果によって景気が持ち直してきたので、国内で6年ぶりの出展です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水知恵子
清水知恵子
1974年大阪生まれ。人が何か作業をしている様子や、説明的なカットを撮るのが得意なカメラマン。人の顔をまじまじと観察できる今の仕事が好き。繰り返し見たくなるようなイケメンを発掘していきたい。好きな男性のタイプは島耕作。
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ