• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の美髪&発毛研究会

気付かないうちにダメージヘアにしてしまう7つの習慣

2017年11月9日

半乾きで寝る、頭にタオルを巻く……何が髪にとってNG?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 新連載「働く女性の美髪・育毛研究会」。今回のテーマは「ダメージヘア」です。ダメージヘアとは、髪の毛のどの部分が傷んだ状態なのでしょうか? 知らず知らずのうちにダメージヘアへと進行させてしまう、意外な日常のNG習慣についてお届けします。

そもそもダメージヘアとはどんな状態?

 毛髪は体毛に比べて「成長期」の期間が長く、個人差はありますが約2~6年伸び続けるため、30~40cmくらいのミディアムヘアの人の場合、毛先には2~4年分のダメージが蓄積されていることを前回記事でお伝えしました。

 私たちが「髪の毛がパサつく」「まとまらない」「ツヤがない」などのダメージを感じるとき、髪の毛のどの部分にどんな変化が起きているのでしょうか? 今回もミルボンの中央研究所、渡邉紘介さんに解説してもらいました。

 まずは、多くの女性が耳にしたことがある「キューティクル」と呼ばれる部分。ウロコ状に7~8枚の細胞が重なり合って髪の表面を覆い、毛髪内部のコルテックスのたんぱく質や水分を、外的なダメージから守っています。

キューティクルは髪の表面を覆い、毛髪を外的ダメージから守っている

 キューティクルは髪の毛が濡れると開き、乾くと閉じる構造で、毛髪内部の水分を調整する役目もあります。キューティクルは髪の毛のコシやツヤを生み出す部分です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップスキンケアカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ