• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「まつ毛ケアで営業成績UP」 美とシゴトの相関関係

2016年11月10日

気になる眉やまつ毛の最新ケア事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

手を抜くべきでないビューティーケアのポイントを、男性美容研究家・藤村岳さんが男性の美容事情を踏まえて解説するこの連載。前回は、ケアを怠るべきではない毛・No.1として、デリケートゾーンのムダ毛ケアについて解説しました(前回記事・「肛門、恥骨の上…美容研究家のVIOケア体験でムダ毛問題を考える」)。今回は、ケアを忘れると第一印象さえ変わってしまう重要な毛・眉毛、そしてまつ毛をピックアップします。

 こんにちは、男性美容研究家の藤村岳です。本来、メイクは楽しいはずのもの。でも「メイクもマナーのうち」なんて言われると、つい意固地になったり、おっくうになってしまうなんて女性が増えてきているような気がしています。そんな状況に反比例して、男性の美容意識は急上昇中。今回は、男性が夢中になっている眉やまつ毛のケアについて考えてみましょう。

 最近、話題になった「電車でメイクはマナー違反」というCM動画やポスター。そのような外部からの圧力もあり、メイク自体がなんだか悪者にされてしまっているような風潮ですね。実は以前、ボクのコラムでも持論を展開しました(過去記事・男から見ると、「電車の中でメイク」は見てる方がツライ)。まあ、事の是非はここでは置いておいおきます。でも、メイクを窮屈なものと女性が認識してしまうと、もったいない。せっかく、楽しむことができることを苦痛にしてしまうなんて……。心持ち一つで変われるのであれば、ぜひ楽しんでやってほしいです。

 さて、数あるメイクの工程の中でも、特に念入りにされるのがアイメイクではないでしょうか。「目ヂカラ」という言葉もすっかり一般的になり、男性も目周りのケアはしっかりするという人が増えています。

今や眉毛を整えないなんて、あり得ない

眉毛ケア、手抜きしていない? (C)PIXTA

 印象を変えやすいのは目の大きさもさることながら、眉の形や太さが大きな役割を占めています。イマドキの男性は眉の手入れを普通にしています。これをお読みの女性の中で、眉を生やしっぱなしにしているなんて人……まさかいませんよね?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
藤村岳
藤村岳(ふじむら・がく)
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に新刊「一流の男はなぜ爪を手入れするのか?」(宝島社)、「男の身だしなみ100の基本」(エイ出版社)がある。公式サイト・男性美容研究所インスタグラム
関連キーワードから記事を探す
スキンケアメイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ