• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

舞台は世界! 日本を飛び出して見えたこと

43歳の私に年下のラオス人がプロポーズ その結果…

2018年3月29日

突然母親にもなったけど、毎日が楽しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 現在ラオスのビエンチャンで暮らす安井さん。「ラオス山の子ども文庫基金」を立ち上げ、子どもたちに良質な絵本を届け、モン族に伝わる貴重な民話を後世に残そうと奮闘中だ。そのきっかけは、20代前半でNGOのスタッフとしてタイの難民キャンプへ出掛けたことだった。わずか2週間の滞在が、その後の彼女の人生を変えていく。やりたいことだけ選んでいったら今があるという安井さんに、仕事、そして結婚のお話まで、たっぷりと伺った。

◆モン文化研究・図書館活動家 安井清子さんインタビュー
第1回 就活を辞めてラオスへ! 移住し図書館を設立した女性
第2回 組織は私に向かない―ラオスで図書館造りに夢中の日々
第3回 43歳の私に年下のラオス人がプロポーズ その結果…(この記事)

新居に、知らない他人がたくさんいる!?

安井清子(やすい・きよこ)
モン文化研究・図書館活動家。1985年にNGOのスタッフとして、タイのラオス難民キャンプでモン族の子どもたちのための図書館活動に携わって以来、現在もラオスにて子ども図書館の活動に関わる。また、モン族の口承文化を記録・継承する活動も行っている。「ラオス山の子ども文庫基金」代表、ビエンチャン在住。著書に、「空の民(チャオファー)の子どもたち」(社会評論社)、「ラオス 山の村に図書館ができた」(福音館書店)など。

 図書館を造り始めて2年目のある日。ラオスの首都ビエンチャンで、私は無言劇を演じる人形劇団の公演を見に行きました。日本人の友人がそれに関わっていて、誘われたんです。公演後の飲み会にも参加させてもらったところ、その劇団のメンバーの一人の男性と、気付いたら、なんだか楽しく一緒に踊っちゃたんですよ(笑)。

 彼は私より14歳も若いし、私はそのとき43歳で、結婚なんて考えもしませんでした。プロポーズされたときはびっくり! ラオス人は楽観的というか、深く考えない人が多いんですね(笑)。私はといえば、「どうなるか分かんないけど、断る理由も今はないな」と思い、駄目なら駄目でと思いながら結婚に踏み切ったんです。

 それからがもう大変! 初めはビエンチャンで借家暮らしでしたが、「土地を買って家を建てよう」と夫が言い出すと、故郷の村から親や親戚一同がやってきて、住み込みで家を建て始めたんです。しかも設計図がなく、建てる前日になって「平屋の半分だけ、2階に上げるっていう手もあるな」と義理の父が言い、家の形が決まったほどです。そうして出来上がったら、寝室が二つあるんです。夫に聞くと、「ぼくには義兄弟みたいな友達がいて、彼を放っておくわけにはいかない」と言うんですよ。なんと、その男性も一緒に住むことになっていたんです!

 それだけでも驚きなのに、ある朝6時ごろ起きて階下に行くと、人が20人くらいいるんです。みんなその男性の親戚で、「ごはん作ってるけど、あんたも食べる?」ですって。「いったい誰の家なのよ!?」と夫に怒りをぶつけると、「だっていきなり来たんだもん」とケロッとしていました。

 ラオスに関わって長いですけど、結婚してみて、「えー! ラオス人ってこうなの?」と驚くことがたくさんありました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ