• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

死後のSNSはどうなる? 他人はログインできるのか

2018年11月21日

「デジタル遺産」の行方と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「自分が死んだらこのSNSアカウントはどうなるんだろう?」そのような疑問を持ったことがある人は少なくないだろう。死んだ後も残るのか、誰かに見られるのか、すぐに消されてしまうのか――。「search/サーチ」という映画が話題だが、そのようなことを考えたことがある人には気になる内容だ。16歳の娘が行方不明となる。娘の無事を信じる父は、娘のInstagram、Facebook、TwitterなどのSNSにログインして情報を集めていくというストーリーだ。このように所有者以外がSNSアカウントにログインすることは可能なのだろうか。SNSアカウントは死亡したらどうなるのか。「デジタル遺産」の行方と対処法までを見ていきたい。

他人のSNSにログインは可能?

あなたが死んだ後、SNSはどうなるのか (C)PIXTA

 警察庁の「平成29年中におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によると、不正アクセス禁止法違反の検挙件数は年々増え続けている。(*1)

 不正アクセスの手口は、パスワード設定の甘さや管理の甘さに付け込んで不正アクセスしたというものが最多となっている。つまり、パスワードを「123456」「password」のような単純なものや、誕生日や電話番号など類推しやすいものにしてあると、不正アクセスされやすくなるというわけだ。

 家族や友人などであれば、IDやパスワードなどの類推はさらに簡単になるだろう。実際、10代の子どもたちによる友人・知人のSNSアカウントへの不正アクセス事件は多く発生している。セキュリティー意識が甘く単純で類推しやすいIDやパスワードを使っていることが多いため、簡単に不正アクセスされてしまうのだ。SNSごとにすべて同じIDやパスワードを使い回している例もあり、突破は簡単だ。

 なお、スマホやタブレットなどの端末を落とした場合などは、不正アクセスはもっと簡単だ。ロックやパスワードがかかっていなければ、SNSなどにもアクセスし放題ということになる。

 つまり、スマホやタブレットなどの端末にはロックをかけ、ID・パスワードは類推しづらいものにした上で、サービスごとに違うものにしておくこと、二段階認証を有効にしておくことなどで不正アクセスはかなり防げることになる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
高橋 暁子
高橋 暁子
ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディア等の記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナー等を手がける。SNS等のウェブサービスや、情報リテラシー教育等について詳しい。元小学校教員。「スマホ×ソーシャルで儲かる会社に代わる本」「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」(共に日本実業出版社)他著書多数。近著は『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎/出版社のホームページ)。
http://akiakatsuki.hatenablog.com/
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ