• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「デジタルマネーでの給与支払い」が目前に?

2018年11月7日

背景には「キャッシュレス化」「外国人労働者の急増」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「厚生労働省が19年にもデジタルマネーでの給与支払いを解禁する方針」というニュースが話題となっている。
 給与の支払い方を定める労働基準法24条1項では、「通貨で労働者に直接、月1回以上支払う」と義務付けられている。原則は現金手渡しとなり、銀行口座はあくまで例外扱いで認められているだけなのだ。厚労省は省令を改正し、スマホの決済アプリなどに給与を振り込めるようにしようとしている。
 なぜ今、そのような動きがあるのか。日本のキャッシュレス化の現状と課題、進展した際に起きる影響までを見ていきたい。

低い日本のキャッシュレス決済比率

 キャッシュレス決済とは、紙幣や硬貨などの物理的な現金を使用しなくても支払いが可能なこととされており、クレジットカード決済、電子マネー、スマホ決済などすべてが含まれる。

 経済産業省 商務・サービスグループ 消費・流通政策課の「キャッシュレス・ビジョン」(平成30年4月)によると、キャッシュレス決済比率は韓国が89.1%に達するなど、キャッシュレス化が進む国では40~60%に達している。一方、日本では2016年時点で20.0%と低い割合にとどまる。

 日本では治安がよく、現金に対する信頼度も高い。店舗でのPOSレジもスピーディーで正確な上、ATMも各所にあり不便さがないなどの事情があり、キャッシュレス化がなかなか進んでこなかったのだ。また、キャッシュレス決済の導入・運用維持にコストがかかるなどの問題から対応していない実店舗が多いことも、キャッシュレス化を阻む要因となっていた。

日本では、キャッシュレス化が進んでいません (C)PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
高橋 暁子
高橋 暁子
ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディア等の記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナー等を手がける。SNS等のウェブサービスや、情報リテラシー教育等について詳しい。元小学校教員。「スマホ×ソーシャルで儲かる会社に代わる本」「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」(共に日本実業出版社)他著書多数。近著は『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎/出版社のホームページ)。
http://akiakatsuki.hatenablog.com/
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ