• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

男から見ると、オーガニックどっぷり女子はちょっと怖い

2015年10月28日

無理に押しつけられると反発。“距離感”がモテる極意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 気になる彼や同性からも“もっとモテたい!”。そんな想いは誰の心の中にもあるはず。美容を知り尽くした美容ライター・長谷川真弓さんと、男性美容研究家・藤村岳さんが交代で書き綴る『モテる美容学』は、美容の観点からモテの心理までをひも解くふたりによる連載です。第2回のテーマは「オーガニック女子」についてです!

 こんにちは、男性美容研究家の藤村岳です。前回の電車でメイクがかなり反響があって、驚きました。さて、今回のテーマは「オーガニックにハマる女性」ですね。なるほど、仕事柄もあってか、ボク自身、食べ物やコスメにはかなり気を遣っている方です。だって、直接体に取り込んだり、塗布するものですから。出自のしっかりとした素材や成分を吟味しています。

 と、思っていたら、先日、『食品の裏側』で有名な安部司さんの講演を拝聴する機会があり、認識の甘さに身震いするほど怖くなりました。詳しく知りたい方は本を読んでいただければと思いますが、加工食品や半加工食品、そして普段の調味料に至るまで、成分をチェックしないとかなり怖いです。いつもの油や醤油などに、添加物や着色料、遺伝子組み換え原料などが入っているのだそう。

 安くて便利、使いやすいというのは、それなりの理由があるわけで……。もし、完全に添加物等をフリーにしたい、と思ったら外食なんて無理です。

 今まで、締め切りでバタバタしたら、カップラーメンや冷凍食品で済ませてしまうなんてこともありました。でも、安部さんのお話を聞いたら、それも考え直さなくちゃいけないかな、と。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
長谷川 真弓(はせがわ まゆみ)・左
美容エディター・ライター 1972年神奈川生まれ。編集プロダクションを経て、広告代理店で化粧品メーカーの営業を7年半担当。2009年からは美容週刊紙「WWD Beauty」の編集を担当し、2014年にフリーへ転身。ビューティにまつわるヒト・コト・モノを精力的に取材している。

藤村 岳(ふじむら がく)・右
男性美容研究家 編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティング等も行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『男の身だしなみ100の基本』がある。
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材オーガニック

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ