• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性は何故、ダイエットをするのか

2016年1月14日

ダイエット成功者に聞く、痩せて得たこと、失ったこととは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

気になる彼や同性からも“もっとモテたい!”。そんな想いは誰の心の中にもあるはず。美容を知り尽くした美容ライター・長谷川真弓さんと、男性美容研究家・藤村岳さんが交代で書き綴る『モテる美容学』は、美容の観点からモテの心理までをひも解くふたりによる連載です。第7回のテーマは誰もが気になる!? 「ダイエット」についてです。

 こんにちは。ライターの長谷川真弓です。2016年もあっという間にスタートしましたね。今年もどうぞよろしくお願いいたします。年末年始はゆっくりされましたか? 私といえば12月半ばから撮影と原稿書き、そして春(4月)から始まる新プロジェクトの打ち合わせの嵐……で、年末はほぼ休みなし。夜は親しいライターさんや化粧品クライアントの方との会食で、生活リズムは乱れに乱れ……ダウン。なのに、食欲は衰えるどころか増す一方で……気がつくと体が重いという有り様(笑)。今日のテーマはズバリ「ダイエット」です。

 「ダイエット」といえば、雑誌やSNSで特集すればアクセスが取れる人気コンテンツ。皆さんも1度や2度、ダイエットの経験をお持ちだと思います。そもそも話になりますが、私たちはなぜダイエットをするのでしょうか? 今回はダイエットに成功した友人の話を聞きながら、「モテる美容学」的に検証してみたいと思います。

■男が好きな痩せた女ってどういうの?

 親友が働いている会社に「太った女性が大嫌い」と言う男性がいるそうです。「何故、太った女性が嫌いなのか」と聞いてみると、「自己管理ができていない=雑な女性という印象を受ける」と。太っているだけで? と驚きを隠せませんが……ダイエットですら理論的に考えてしまうのが男性。

 でも、痩せていればいいのか、というとそうでもないみたい。「痩せすぎはダメ。胸や太ももに適度なお肉がついていたほうがいい」と言います。数字(体重)だけじゃないんだと感心しましたが、この仕事に携わっていると「見た目印象」の大切さを痛感します。なぜなら…スタイルが良くてキレイな人の前に立つと、そのオーラに圧倒させられるから。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
長谷川 真弓(はせがわ まゆみ)・左
美容エディター・ライター 1972年神奈川生まれ。編集プロダクションを経て、広告代理店で化粧品メーカーの営業を7年半担当。2009年からは美容週刊紙「WWD Beauty」の編集を担当し、2014年にフリーへ転身。ビューティにまつわるヒト・コト・モノを精力的に取材している。

藤村 岳(ふじむら がく)・右
男性美容研究家 編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティング等も行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『男の身だしなみ100の基本』がある。
関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ