• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

20代女性が押さえたい 保険の知識と選び方

2018年10月23日

まずは公的保険の内容を見直して

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 テレビCMでもよく目にする「保険」の話。社会人になってから、友人が加入したと聞いたり、周囲に勧められたりした読者も少なくないでしょう。でも、そもそも保険ってどういうもの? 何から検討していいのか分からない――。そんな疑問でいっぱいなのが本音です。ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんに教えてもらいました。

保険の仕組みを学ぼう

保険は「相互扶助」の仕組みです

 保険の本質は「相互扶助」、つまり助け合いです。みんなで少しずつお金を出し合い、病気や事故、災害など「不幸なこと」が起こってしまったとき、金銭的に困る人に対して保険金が支払われる仕組みです。

 保険は大きく、公的保険民間保険に分けることができます。前者には、会社員が加入する健康保険、自営業者やフリーランスなどが加入する国民健康保険などがあります。

 公的保険は基本的に、法律によって加入が義務付けられているもので、個人の都合で「入るかどうか」を決めることはできません。一方、今回扱う民間保険は、みんなで出し合ったお金を保険会社が運用することによって成り立っており、加入は任意です。

 20代の女性に身近な民間保険には、賃貸住宅に入居する際に加入を求められる火災保険、クレジットカードに付帯していることも多い海外旅行保険などが挙げられます。

 そして、特に気になるのは病気やケガのリスクに備える医療保険でしょう。たくさんの種類がありますが、自分に合う保険はどのように探したらいいのでしょうか。

<次ページからの内容>
・公的保険の保障内容
・20代独身女性に保険は必要?
・医療保険に入るときのチェックポイント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
Money&You取締役、ファイナンシャルプランナー。2005年に女性向けFPオフィス、エフピーウーマンを設立。10年間取締役を務めた後、現職へ。女性と女性FPのマッチングメディア「FP Cafe」を運営。全国での講演活動、執筆・相談業務も行う。著書は「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「1000円から増やす積み立て投資術」(スタンダーズ・頼藤太希共著)など。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ