• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キラキラ起業をやめて、穏やかな会社員生活に!

2018年11月21日

第5回 しんどい起業生活に見切りをつけた聡美さんの向き合いストーリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 本当は心のどこかで「何かが違う」「やめたらきっと楽になるはずなのに」――。そう思いながら、今の場所に居続けてしまう(目の前の物事をやり続けてしまう)ってことありませんか? 時として、何かを始めることより、やめることのほうが難しい場合があります。それは、手放すことへの勇気と覚悟が必要だから。
 心に渦巻く葛藤と向き合いながら、恋愛、仕事、家庭、ダイエット……いろんなジャンルで「やめる」決断を下し、新しい幸せを手に入れた女性たちがいます。そのストーリーを全7回でお届け。第5回は、コーチングのプロとして独立し、集客のためキラキラ演出に力を注いでいた聡美さん(37歳)が、本当の思いに気付き、自分らしい生活や働き方を取り戻すまでの道のりをお伝えします!

聡美さん・37歳
<しんどいキラキラ起業をやめて、会社員に復帰!>
結婚を機に退職し、コーチとして独立。クライアントにコーチングをしていく中で、まだまだ専門知識が足りないと心理学の講座に通い出す。そこで起業仲間が増えたが、同時にさまざまな勉強会やイベントのお誘いが。「集客のためにはキラキラ演出が必須」と聞き、力を注ぐも、次第に息切れ状態に。しんどい起業生活にどう見切りをつけ、自分らしい生活を取り戻したのか?

コーチとして独立するも、人の心の闇に触れ、技量のなさを痛感

――会社員をしながら、カラーセラピーやさまざまなコーチングの技術を学んできた聡美さん。31歳になった時、結婚して生活が落ち着いたこともあり、思い切って会社を辞めて独立しようと決意。コーチとして、新たに個人セッションをスタートさせた。

聡美さん それまで学んできたカラーセラピーとコーチングの技術を使い、「自分が本当にやりたいことを見つける」ためのコーチングセッションを開発しました。といっても、最初からクライアントさん(お客さん)がいたわけではないので、まずは友人つながりで何人かモニター(無料)をしてもらうことに。

 経験を重ねるごとに少しずつ自信がついてきたので、正式にセッション料金をいただくプロとして、ブログやメルマガなどで集客を始めました。定期的にコーチングを受けてくれるクライアントさんも口コミで2人、3人と増えていき、このまま順調に広がっていくんだろうなと思っていました。

 ところが、半年ほどたった頃に大きな壁にぶち当たりました。個人セッションをしていくと、その人の心の奥深い部分に触れることも多くなり、時に抱えきれないほどの「闇」も出てくるようになったのです。クライアントさんの心の闇にしっかりと対応していくためにはまだまだ自分の知識やスキルでは足りない。もっと専門的に学びたいと思い、心理学やカウンセリングの講座に通うことにしたんです。

――講座には、コーチやセラピストなどの同業者や、整体師・占い師など個人で独立起業したばかりのメンバーが数多く参加していた。そこで知り合った人たちと仲良くなり、横のつながりがどんどん広がっていった。

聡美さん 個人で仕事をしていると、人との交流が少なくなるからか、時々孤独感に見舞われるんです。「次はいつお客さんが来るんだろう。このやり方を続けていいのかな……」などと不安も襲ってくるので、同じような境遇の仲間と話すと安心できました。

 そこからSNS上の友達も増え、いろんなお誘いも入ってくるようになったんです。

<次のページからの内容>
●いつの間にかキラキラ起業に仲間入り
●メイクはナチュラル→華やかに、毛先もふわっと巻き髪にイメチェン
●「素敵な時間を共有できました☆」自撮りで必死にアピール
●集客や収入は思うよう伸びず、SNSにも嫌気が差して……
●本当にコーチがしたかったのか? 根っこの思いを見つめ直した
●会社員として再出発。見つけた幸せの形とは?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

 
Profile
伯耆原良子
伯耆原良子(ほうきばら・りょうこ)
フリーライター・エッセイスト。早稲田大学第一文学部卒業後、人材ビジネスを経て、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で編集記者に。2001年に独立後、雑誌や書籍、Webなどで執筆多数。企業のトップから学者、職人、芸能人まで1000人以上にインタビュー。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をストーリーに込める。LIFEエッセイスト「りょうみん」の名前でブログを更新。公式HP
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ