• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

嫌いな家事をやめたら、なぜか家庭円満になった!

2018年10月24日

第3回 家事が苦手なのに頑張り続けた紗絵さんの解放への道

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 本当は心のどこかで「何かが違う」「やめたらきっと楽になるはずなのに」――。そう思いながら、今の場所に居続けてしまう(目の前の物事をやり続けてしまう)ってことありませんか? 時として、何かを始めることより、やめることのほうが難しい場合があります。それは、手放すことへの勇気と覚悟が必要だから。
 心に渦巻く葛藤と向き合いながら、恋愛、仕事、家庭、ダイエット……いろんなジャンルで「やめる」決断を下し、新しい幸せを手に入れた女性たちがいます。そのストーリーを全7回でお届け。第3回は、本当は家事が嫌いなのに、家族のために頑張り続けてしまった紗絵さん(38歳)が、本音をさらけ出し、家事の呪縛から解放されるまでの道のりをお伝えします。

紗絵さん・38歳
<嫌いな家事をやめたら、夫や子どもの笑顔が増えた!>
「男は仕事、女は家庭」という古い考えを持つ母親の影響から、結婚後もなんとなく家事全般を引き受けてしまったが、本当は料理や掃除が大の苦手……。専業主婦で料理上手の母親に育てられた夫からは、食事のことでたびたび文句を言われ、険悪ムードになることも。そんながんじがらめの「家事呪縛」からどう抜け出し、幸せな生活を手に入れられたのか?

結婚して気付いた家事嫌い。冷凍のおかずに夫が見せた反応は?

――古い考えを持つ母親の影響から、「女性が家事をすべきもの」という考えにとらわれていた紗絵さん。夫も、専業主婦の母のもとで実家暮らしだったことから、家事の経験はほぼゼロ。結婚後も自然と紗絵さんが家事全般を引き受けることになった。

紗絵さん 結婚後も会社員として働き続け、共働き生活を送っていました。でも、夫婦のどちらがどんな家事をやるという話し合いをせずに、なんとなく流れで私が家事全般を引き受けていました。やってみて気付いたんですが、私、料理を作るのが大の苦手で……。

 独身の時は一人暮らしで毎晩遅くまで働いていたので、料理をまともに作ったことがなかったんです。もともと朝食は食べない派でしたし、昼は外食、夜はパンをかじりながら残業して、帰宅後「小腹満たし」にちょっとサラダをつまむぐらい。そんな食生活を長年続けていたので、結婚してからも何を作ったらいいのか、献立に頭を悩ませる日々を過ごしていました。

 ある晩、あまりに面倒だったため、冷凍のおかずを出したら、夫が「えっ? まさか、これがおかず?」と口をあんぐり。夫が育った実家は、お母さんが「食」にこだわるタイプで、毎晩手の込んだ料理が4、5品並んでいたようなんです。一方、私が作るおかずは野菜いため1品とか、フライパン一つで済むもの。「なんで、紗絵が作る料理はこんなにしょぼいの?」と、時折文句を言われるようになりました。

――ほどなくして、妊娠していることが判明。多忙な職場では子育てしながら仕事を続けることが難しいと判断し、出産後まもなく退職した。「時間もできたし、これからは家族のためにも心を入れ替えて料理を頑張ろう!」とチャレンジしてみたが、出産後のホルモンバランスの崩れや育児のストレスも相まって、家事へのイライラは募るばかりだった。

紗絵さん 実は料理だけじゃなくて、掃除や片付けも苦手なんです。唯一、洗濯を干すのだけは好きなんですが、それ以外の家事全般は嫌いだということに改めて気付いてしまいました。ただ、私も夫も、「女性が家事をやるべき」という考えに縛られていたので、「本当はやりたくない」気持ちを抑えながらも、なんとか頑張っていたのです。

<次のページからの内容>
●私は、仕事がしたい! 夫と大ゲンカ
●本当は「家事が嫌い」、本音をぶちまけてみた
●初めて家事分担の「家族会議」を敢行
●「いっそ家事をやめてしまおう」
●家族みんなの幸福度が上がった理由

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

 
Profile
伯耆原良子
伯耆原良子(ほうきばら・りょうこ)
フリーライター・エッセイスト。早稲田大学第一文学部卒業後、人材ビジネスを経て、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で編集記者に。2001年に独立後、雑誌や書籍、Webなどで執筆多数。企業のトップから学者、職人、芸能人まで1000人以上にインタビュー。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をストーリーに込める。LIFEエッセイスト「りょうみん」の名前でブログを更新。公式HP
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ