• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

残暑を乗り切る 「火を使わなくても作れる」レシピ

2018年8月24日

切ってあえるだけ、電子レンジ活用レシピなど料理初心者にもおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 焼いたり、ゆでたり、揚げ物をしたり……と、キッチンで火を使うとけっこう暑いんですよね。まだもう少し残暑は続きそうです。今日は「火を使わない」レシピをご紹介します。切ってあえるだけなど簡単なので、料理の初心者さんにもおすすめです。

パンのサラダ(パンツァネッラ)

しっとりしたフランスパンがアクセントになっているサラダ。よく味をなじませるとおいしい

<材料>(2人分)
フランスパン……1/2本
きゅうり……1本
ミニトマト……5個
玉ねぎ……1/4個
そのほかお好みの野菜を入れても。
ツナ缶……1/2缶
バジルの葉……4~5枚
米酢……大2
水……1cup
塩・こしょう……適量
オリーブオイル……大1~2

<作り方>
1.フランスパンは一口大にカットする。ボウルに水と米酢を合わせて入れ、パンをサッと浸して手で絞る(浸し終わった水分は使いません)。

2.きゅうりを1cmの輪切りにし、ミニトマトはヘタを取って半分に切る。玉ねぎは薄くスライスする。

3.別のボウルに12を入れ、油を切ったツナ缶、塩・こしょう、オリーブオイルを加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

4.器に盛り、バジルの葉をちぎってのせる。

<ポイント>
・「パンツァネッラ」とは、イタリアの夏の定番サラダ。硬くなったパンを水でふやかし、トマトや玉ねぎ、バジルなどを加えて塩とオリーブオイルで味付けします。冷蔵庫で冷やして作り置きも可能。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宇梶 由里子
料理研究家
宇梶 由里子(うかじ ゆりこ)
1975年生まれ。大学卒業後、フランス家庭料理を学び、その後、旅行好きが高じてイタリア料理やタイ料理など様々な国の料理を身に付ける。フードアナリスト協会会員。2015年7月より母と共に自宅でイタリアン、フレンチの料理教室を開催している(現在会員制)。ホームページはこちらからどうぞ。
関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ