• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

節約しながらきれいになれる 栄養豊富おからレシピ5選(3/5)

2017年6月23日

食物繊維など栄養素が豊富 万能食材おからを取り入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

おからのニョッキ ハム&チーズソース

もちもちのニョッキと濃厚ソースが絡んで絶妙なおいしさ

じゃがいもではなくおからを使うことで、ヘルシーに

<材料>(2人分)
(ニョッキ生地)
生おから……100g
小麦粉……30g
片栗粉……30g
塩……小1/2
オリーブオイル……小1
水……大1/2~1

打ち粉(小麦粉)……適量

(ソース)
ロースハム……6枚
牛乳……50ml
パルミジャーノ(削る)……約15g
塩……ひとつまみ
黒こしょう……少々
オリーブオイル……適量


<作り方>
1.ニョッキを作る。ボウルに生地の材料をすべて入れて手でよく混ぜてこね、一つにまとめる(水を入れ過ぎると成形しづらくなるので注意する)。

2.まな板に打ち粉をふり、その上で1の生地を半分にカットし、直径1cmのひも状に細長く伸ばす。さらに1cmにカットし、打ち粉をつけながら断面を手でつぶして平たい円形にし、フォークで凸凹をつける。残りも同様に成形する(ゆでるときに崩れないようにするため、ニョッキの側面を滑らかに整える)。

3.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩小1(分量外)を加えて2をゆでる(約2分)。浮き上がってきたら網ですくい、ボウルに取り出す。

4.ソースを作る。ロースハムを半分に切り、さらに7mm幅にカットする。

5.フライパンにオリーブオイルと4を入れて中火で1分ほど炒め、牛乳を加えてフツフツとしてきたら3のニョッキを加えてひと混ぜする。削ったパルミジャーノを加えて、手早く全体を混ぜてとろみがつくまで絡める。

6.塩・黒こしょうで味を調え皿に盛り、お好みでパルミジャーノを削る。

<ポイント>
2の成形した状態でチャック付きビニール袋に入れ冷凍可能。解凍せずにゆでてよい。
・ニョッキはじゃがいもを使うことが多いですが、代わりにおからを使うことで、じゃがいもを茹でてマッシュする手間も省けて時短に。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宇梶 由里子
料理研究家
宇梶 由里子(うかじ ゆりこ)
1975年生まれ。大学卒業後、フランス家庭料理を学び、その後、旅行好きが高じてイタリア料理やタイ料理など様々な国の料理を身に付ける。フードアナリスト協会会員。2015年7月より母と共に自宅でイタリアン、フレンチの料理教室を開催している(現在会員制)。ホームページはこちらからどうぞ。
関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ