• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

行楽や新生活スタートにおすすめ 春のお弁当4選

2018年3月23日

いよいよ春本番! お花見や屋外でのランチにもおすすめのお弁当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 桜が咲き始めましたね。混ぜるだけ、炒めるだけなど簡単に出来る春のお弁当を紹介します。行楽のお供にしてもよし。平日ランチはいつも外食という人も、心機一転、季節感が豊かなお弁当を作ってみませんか?

 ※作った料理は粗熱が取れてからお弁当箱に詰め、完全に冷ましてから蓋を閉めるようにしましょう。

桜咲く 春色弁当

桜を見ながらのお弁当も、この季節ならではですよね

(1人分)
カニカマ&枝豆ご飯
<材料>
ご飯……1杯分
カニカマ……4~5本
枝豆(冷凍)……約10本
すし酢……大1
白ごま……適量

<作り方>
1.カニカマは5mm幅にカットし、枝豆(水でもどしておく)はサヤから出す。

2.炊いたご飯に1とすし酢、白ごまを入れて混ぜる。

キャベツと卵の炒め物
<材料>
キャベツ……2枚
卵……1個
水……大1
酒……大1
中華だしの素……小1/2
こしょう……少々
サラダ油……少々

<作り方>
1.キャベツは3cm四方のざく切りにする。

2.フライパンにサラダ油を入れて温め、溶いた卵を入れてひと混ぜしたら取り出す。

3.同じフライパンに1を入れて炒め、水、酒、中華だしの素を入れてしんなりするまで炒める。

4.32の卵を戻し入れ、こしょうを振って全体を混ぜる。

焼き鮭
<材料>
銀鮭(甘塩)……1切れ

<作り方>
1.魚焼きグリルにアルミホイルを敷き、予熱をして鮭を焼く。5~7分して焼き色が付いたらアルミホイルごと取り出して冷ます。

<お好みで>
アスパラガス
大葉

<ポイント>
・鮭を焼いている間にご飯を混ぜ、炒め物を作ると効率が良い。
・お弁当箱にカニカマ&枝豆ご飯を入れ、キャベツと卵の炒め物と焼き鮭を詰める。空いたスペースにお好みで塩茹でにしたアスパラガスや大葉を入れると彩りもきれい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宇梶 由里子
料理研究家
宇梶 由里子(うかじ ゆりこ)
1975年生まれ。大学卒業後、フランス家庭料理を学び、その後、旅行好きが高じてイタリア料理やタイ料理など様々な国の料理を身に付ける。フードアナリスト協会会員。2015年7月より母と共に自宅でイタリアン、フレンチの料理教室を開催している(現在会員制)。ホームページはこちらからどうぞ。
関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ