• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド(東京ゲームショウ2016)

もはやゲームではない 刺激的な胸キュン体験レポ【東京ゲームショウ2016】

2016年9月15日

リアルとバーチャルの間…アプリの世界観を投じた空間で何が起こる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

イケメンの描写が女性の心をつかんで離さない、ボルテージの恋愛ドラマアプリ。東京ゲームショウでは毎年人気を博しているボルテージのロマンスゲームコーナーを、一足先に編集部が体験してきました。
今回出展されているゲームは、「スイートルームで悪戯なキス」「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」「天下統一恋の乱 Love Ballad」――の三つ。どんな展示がされているのかご紹介します。

「スイートルームで悪戯なキス」で椅子ドン体験

 最初にご紹介するのは、VR(ヴァーチャルリアリティ、仮想現実)で椅子ドン体験ができる、「スイートルームで悪戯なキス」。

 ゲームのストーリーはこうです。

<闇オークションに「商品」として出品され、ホテルの超VIPのイケメンに落札されたあなた。彼らと過ごすスイートルームでの毎日はドキドキの連続……。>

 今回のアトラクションは、ゲームに登場する「冷酷オレ様大富豪・一ノ宮英介」がゲームの世界を飛び出し、VRで椅子ドンをしてくれるというもの。

このカーテンの中で体験をします。「未知の世界に連れて行ってやる」とのこと

 ヘッドマウントディスプレイをつけて、体験スタートです。コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな部屋で、一ノ宮様と二人きりの場面から始まります。さすがVR、360度どこを見ても、窓の外には東京のきれいな夜景が映っています。

 途中、ドキッとする場面も。

待ってました椅子ドン。顔が近い…!
思わずのけぞります

 わずか2~3分の体験でしたが、不覚にも胸キュン&ドキドキしてしまいました。家庭用ゲーム機として発売される予定は今のところないそうですが、もしこれが自宅でいつでも体験できるようになったら、家から一歩も出なくなってしまいそうです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ