• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

海外からも注目(東京ゲームショウ2016)

外国人男性3人組に聞いてみました! YOUは何しにゲームショウへ?【東京ゲームショウ2016】

2016年9月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

9月15日、東京ゲームショウ 2016が、幕張メッセで開幕した(9月18日まで)。37カ国・地域から過去最多の614の企業・団体が出展する中、いの一番に会場を訪れた外国人に、今回のゲームショウでは何が一番の目的かを聞いてみた。

名前:サイモン・ルイスさん(左)、マシュー・バーズビーさん(中)、J.M.テイラーさん(右)

出身国:ルイスさん、バーズビーさん・イギリス、テイラーさん・フィリピン

職業:オンライン・ゲームマガジン関連

目的:ルイスさん/僕は、「ワンダと巨像」が好きです。クリエイターである上田文人氏の新ゲームに注目しています。日本のゲームはミステリアスで、世界観がユニークだと思います。日本のゲーム会社ではバンダイナムコエンターテインメントにも注目しています。

バーズビーさん/携帯ゲームがはやっていますが、あれは時間をつぶすためだけのもの。ビデオゲームは、ずっと長く遊ぶことができて、ゲームが描くストーリーとも深く関われます。ストーリーや美術の完成度も全く違う。携帯ゲームには興味は持てません。今回のゲームショウはソフトウエアより、ハードウェアに力点がある感じですね。

テイラーさん/僕たちはみな、VR(仮想現実)ゲームを体験してみたいと思っています。でも、すごい列なので、後でまた戻ってこなくちゃ。個人的に注目するゲームは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売予定の「人喰いの大鷲トリコ」や「ワンダと巨像」。「人喰いの大鷲トリコ」に注目するのは、「ワンダと巨像」のクリエイターの上田氏によるゲームだから。こういうスタイルのゲームが好きなんです。

写真・文/大塚千春

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ