• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

武井咲10億違約金報道に見る 女子ゆえの枷(かせ)(2/3)

2017年9月13日

「結婚、妊娠」は「イメージを損なう」ことですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 またERAは、報道内容は憶測の域を出ていないと指摘した上で、「このような報道が、タレントたちに対して不当な圧力を与え、結婚、妊娠を始めとする人間として大切な自由と権利を不当に制限する原因となりかねない」と、芸能報道の姿勢に釘を刺しています。

 一般人の世界でさえ、結婚や妊娠で退職などの不利を迫られたりするマタハラが大きな社会問題となっているのに世間の注目を一身に浴びる芸能界のこととなると、世間は何の疑問も遠慮もなく、とんでもない前時代的で非礼な基準を持ち出して「罰する」。しかも相当にゲスな発言を平気で垂れ流して。そんなことに気付かされたのでした。

私たちはあの報道を見た瞬間、何を感じたのだろう

 では翻って、同じ女性である私たちは、武井咲さんが実にこの人気絶頂でメディア露出も絶えない時期に、同じく大人気のEXILEのボーカルTAKAHIROさんと「交際していた」「結婚する」「そして妊娠中である」と聞いたあの瞬間、正直にどう思ったのでしょうか。

 「イケメンの大物と結婚? さっすが武井咲ちゃん!」「TAKAHIROファンだったのに、クヤシイ~」「おお、掛け値無しの美男美女! これはベビーも美形だわ」。そんな屈託のない反応もあったでしょう。

 一方で、「仕事、どうするんだろう」とは思いませんでしたか。そして、一瞬でも「周りは大変だろうな」「デキ婚で強行突破かぁ……」「ひゃー、今の武井咲レベルだと10億円という(憶測に過ぎない)ペナルティー額なのか、すごい損失!」というネガティブな感情が湧いたりしませんでしたか。

「え? デキ婚? 仕事どうするの?」と思った人はいませんか? (C) PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ