• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー狙う元ちょい不良オヤジは「案外悪くない」(4/4)

2017年6月28日

「死ぬまでモテたい」ちょい枯れ「GG」世代をやさしく迎え撃つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

若い女子たちは「GG」をどう読むべきか

 さて、私たちアラサー・アラフォー女子は(あっごめん、私年齢サバ読みました)この「GG」というトレンドをどう捉えればいいのでしょうか。私がどう言ったところで、「GG」が若い女子に(もう直接的な不倫願望なんていうのではないにせよ)関心があるのは仕方ないらしく……。

 彼女たちからはさまざまな声が上がっています。

■ジジが元気になるということは景気がいいということですね。
■女子によってジジを見る解像度が違う。これまで出会ったジジ遍歴にもよるし、解像度によって、「受け入れられるジジとNGなジジを見極められる人」と、もう「ぼんやりジジなだけでNGな人」とがいる。
■拒否感を持つのではなくて、お互いに幸せな落とし所も探したい。
■ジジ転がしはもはや、伝統芸だよね。
■逆に「ジジの釣り方・使い方、ジジ転がしの術」が知りたい。
■ここまでいくと、ジジはもはやいとおしい。ホストよりうまみがある。

 なるほど。よろしくてよ、私たちもおじいさまたちのおイタ、アラサー・アラフォー・アラフィフ(以下省略)なりのワザで、迎え撃って差し上げようじゃありませんか。そちらがその気ならこちらも丸腰でお相手するわけにはいかず、防衛体制を敷くのがむしろマナー。敵と対峙するにはまずその論理とルールを知らねばなりません。

「なるほど。よろしくてよ。迎え撃って差し上げようじゃありませんか」 (C)PIXTA

 ……そういった意味で、雑誌「GG」は応戦する側の私たちにとっても、彼らの思考や嗜好や志向を知るためのバイブルになりそう。先ほどの女子たちのコメントにあるように、洋の東西を問わず「ジジ転がしは伝統」。私たちも、その伝統芸に励むのであります。

文/河崎 環 写真/PIXTA

【参考】 博報堂 新大人研レポートNo.28 新しい大人へ:オンナも変わるオトコも変わるその① 40・50・60代女性は“自分爆発レディ”

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ