「家事は、100人いれば100通りのやり方がある」と言われます。誰もが自分なりのやり方で、得意や不得意があるのを感じつつも日々家事に取り組んでいるのでは。そこで、家事のスタイルの違いを心理学の観点から解き明かしてみました。ユング心理学の研究者で臨床心理士、大妻女子大学教授の福島哲夫さんが、4つの性格タイプが分かるテストと、タイプ別の家事の得意・不得意の解説をします。さらに知的家事プロデューサーの本間朝子さんが、タイプ別に「家事がラクになる方法」をアドバイスします。

続きは「日経DUAL」で読めます(有料会員限定)