• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

欲しいをカタチにしました

調理バッグ開発~「働くママの罪悪感を消したかった」

2018年9月11日

おいしい料理が簡単時短にでき洗い物も出ない 夢のようなアイテム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女性の「悩み」を解消してくれる商品やサービスは、どのようにして生まれたのでしょうか。2回目は、出来立てのおいしい料理が、材料と調味料を入れてレンジでチンするだけで完成する「リード プチ圧力調理バッグ」。同商品を企画したライオンの渋谷恵さんに、開発にまつわる話を伺いました。

渋谷 恵(しぶや けい)
 ライオン・ヘルス&ホームケア事業本部リビングケア事業部・ブランドマネージャー。「リード プチ圧力調理バッグ」を発案し、約5年もの歳月をかけて開発。2018年3月に同製品を発売。
◆渋谷さんの《欲しいをカタチに》ストーリー◆

【きっかけ】
忙しく働くママのために「簡単に調理ができ、これがあれば夕食を手作りしようかな」と思えるものを作りたい
 ↓
【案を通すことに苦戦】
なかなかレトルト食品や作り置き料理との違いが理解されない、調理バッグのよさや必要性を実感してもらえない
 ↓
【「おいしさ」を伝える苦労】
会議やプレゼンの場で、商品を使った実演。出来立ておいしさを「体験」してもらう
 ↓
【「欲しい」を「カタチ」にしたあとは】
発売後SNSなどで拡散され、商品の周知が広がる。ユーザー自身が編み出した使われ方も生まれた

原点は、働くママたちの罪悪感を解消すること

 自分や家族の健康を考えた食事を作りたい。でも、仕事後に手の込んだ夕食を作る時間と気力はない――。働く女性なら、誰しもこんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

 2018年3月にライオンから発売された「リード プチ圧力調理バッグ」は、まさにこの問題を解決してくれる商品。材料と調味料を入れて、そのまま電子レンジで加熱するだけで、1~2人分の「おいしい手作り料理」が「簡単」に作れる時短アイテムです。

 企画・開発を担当した渋谷恵さんに、まずは誕生のきっかけから聞いてみました。

 「健康は食生活から、ということが分かってはいても、仕事後に手の込んだ料理を作るのは大変ですよね。私も仕事に追われて帰宅が遅くなることが多々あり、疲れていると、夕食をお総菜や外食で済ませていた時期がありました。

 そんなときに、『一人暮らしの私ですら料理をするのが面倒なのに、働いているママたちは、もっと大変なんじゃないのかな』と思ったんです。

 だから働くママのために、『パパッと簡単に調理ができて、これがあれば夕食を手作りしようかな』と思えるものを作りたいと考えました」

アンケートよりも、お客様の生の声を大切にするという渋谷さん。「グループインタビューなら、女性の『本音』が直接聞けます」 写真/稲垣純也

 忙しく働いていると、ついついお総菜や冷凍食品、レトルト食品などで食事を済ませてしまいがち。もちろん、これらの食品もおいしくて便利ですが、毎日出来合いのもので済ませていると、「家族や健康のためには、きちんと料理をしたほうがいいんだろうな……」と思うのも事実。

 「この商品を開発した根底には、働くママたちの『料理に対する罪悪感』を払拭したいという思いがあります。

 というのも、開発前に働くママたちにグループインタビューをしたところ、彼女たちの生の声として多かったのが、やはり『家事の中でも帰宅後の夕食作りが大変』という声でした。

 そして皆さん、『早く作りたい』という気持ちは大きいのですが、『ただ早く作ればいい』と考えているわけではなく、手間は減らしたいけれど、『きちんと家族の健康を考えた、おいしいものを作りたい』と考えていることが分かったんです」

 渋谷さんによると、働くママの多くは、「家族のために出来立ての料理を出したいけど、時間がない。でも、毎日お総菜や冷凍食品、レトルト食品を出すのは、手抜きをしているようで後ろめたい……」という気持ちを抱えているんだそう。

 「仕事も育児も両方頑張ろうと思っている前向きな女性たちの罪悪感を、少しでも解消できるような商品を開発したい。そのためには、『手作り』の『おいしい出来立て料理』が、『簡単』かつ『時短』で作れることがポイントだと思いました」

「簡単」「時短」だけではなく「おいしく」できる

 実際に「リード プチ圧力調理バッグ」を使って調理をしてみると、「簡単」かつ「時短」であることはもちろん、「食材の軟らかさ」と、しっかりとした「味の染み込み具合」にも驚かされます。

上段左から「ぶりのしょうが煮」「サラダチキン・旨味ダレかけ」下段左から「チキンと野菜のスープ」「しっとりフレンチトースト」どれも簡単でおいしく出来る 画像提供/ライオン

 「『電子レンジは簡単なんだけどおいしくできない』というお客様の声があったので、その部分も解決できるように、プチ圧力をかける独自設計の調理バッグを開発しました。

 また、食材を入れて、加熱せずに冷凍・冷蔵保存をしておけるので、忙しいときにも調理器具を使わずに作れます。

 私自身『仕事から帰った後に、料理はしても食べた後はゆっくりしたい』と考えていたので、洗い物は少なくて済むよう、できるだけストレスなく料理をしてもらえることを目指したんです」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ