• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性のカラダと栄養のはなし

将来子どもを産むなら、今から「腸活」が必要な理由

2018年12月11日

帝王切開でも母乳が出なくても心配しなくていい! 大切なのはお母さんの腸活

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 数十兆から100兆個にも及ぶ腸内細菌がすむ大腸。近年、この大腸の腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)が私たちの心や体の健康状態にまで大きな影響を与えることが分かってきている。ならば、赤ちゃんの健康を考えるときも、その子の腸内細菌叢を最良のものにしてあげたい――。これが親心では? これからお母さんになる人が、そのために心掛けるべきことは何か。胎児期から乳児、小児期の腸内環境に詳しい、東京女子医科大学小児科・主任教授の永田智さんに聞いた。

帝王切開や人工乳育児は赤ちゃんの腸内細菌叢によくないの?

――近年の研究結果をもとに、腸内細菌叢がその人の健康を左右するともいわれるようになりました。赤ちゃんの腸内細菌叢について考えるとき、心配なのは、出産の方法や育児のされ方によって、その子の腸内細菌の状態が異なってくる、という指摘があることです。赤ちゃんは、経膣分娩で産道をくぐり抜ける時や、母乳を介してお母さんの常在菌を受け取る、とされていますが、それは正しいのでしょうか。また、それがかなわなかった場合、赤ちゃんの腸内細菌叢はよくない状態になってしまうのでしょうか。

永田さん 確かに、これまでは、その考え方が主流でした。経膣分娩の赤ちゃんは、産道を降りてくる際に、まず母親の膣と肛門にいる細菌に出合います。そして、経膣分娩で生まれた新生児の胎便中の菌叢は、出産前の母親の膣内細菌叢と似ていることが多い。一方、帝王切開で生まれた子の腸内細菌叢にはビフィズス菌や乳酸菌が少ないという研究報告があります。また、母乳に含まれる特有のオリゴ糖は赤ちゃんの腸内でビフィズス菌を増やすとともに、母乳からはお母さんの常在菌を与えることができる、といったことから「経膣分娩や母乳育児が大切である」とされてきました。

 しかし、出産時に産道から、また授乳時に母乳から受け取るお母さんの常在菌は確かに赤ちゃんの腸内細菌叢を構成する供給源にはなるものの、赤ちゃんの腸内細菌叢を形づくる土台はもっと前、妊娠中のお母さんの腸内細菌叢の状態を反映している、という新たな考え方が出てきたのです。私はそちらの考え方を支持しています。

――詳しく教えてください。

永田さん 2年前に、「Science」という権威ある医学雑誌で、「お母さんの腸内細菌叢の情報はあらかじめ胎児期に伝えられている」という考え方が発表されました(Science;351, 1296-1302,2016)。

 結論を先に言うと、赤ちゃんの腸内細菌叢の「基本設計図」は、既に胎児期にお母さんから伝えられている可能性が高く、帝王切開か経膣分娩か、人工乳か母乳育児かといったことは、最終的に今までいわれていたほど大きな影響を与えないのではないか、と私は考えています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ