• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

不機嫌はチャンスを逃がす デキる人のメンタル管理術

2017年10月3日

機嫌良く出社するのは、社会人のマナーです 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

仕事で忙しく、いっぱいいっぱいになっているときや、理不尽なこと、不愉快な出来事があったとき、あなたはどんな心理状態でしょうか? それを顔や態度に表していませんか? 「デキる人」は、メンタル面も違っていました

真面目で優秀、でも損な役回り それが「いい人」

 第1回(『「いい人」に未来はない 脱・いい人のススメ』)では「いい人」と「デキる人」の違いを、第2回(『もしかして私、都合のいい人? 「いい人」度チェック』)では、「いい人」でい続けることのデメリットをお伝えしてきました。

 今回は、「いい人」をやめて「デキる人」を目指すために、メンタル面にフォーカスを当てていきましょう。

「いい人」と「デキる人」の違い

 朝、職場に顔を出した瞬間のあなたは、どのような心理的状態でしょうか? 輝く笑顔で、希望いっぱいのわくわく感を伴い「おはようございます!」としっかり挨拶していますか? それとも、出勤前の自宅や通勤途上で遭遇したイヤなことを引きずって、不愉快な気持ちのまま席に着いているでしょうか?

 職場は、仲良しクラブではありません。嫌な上司や同僚、迷惑なお客様と接する機会もあるでしょう。仕事をしていれば、自分の意見が通らないことや、好きではない仕事を頼まれることだってありますよね。誰でも多少は「イラッ」「ムカッ」とすることが、あると思います。

 そんなネガティブ感情が動くこと自体は、何も悪くはありません。すべての人にはハート(感情)があるのだから、何らかの出来事が起こる瞬間ごとに、あるときはポジティブへ、あるときはネガティブへと感情が揺れ動くのは当然のこと。

 ところが、その感情が揺れ動いた直後に、「いい人」と「デキる人」に違いが見られるのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
キャサリン門田
キャサリン門田
キャリア・イノベーション協会代表理事、経営コンサルタント、キャリアカウンセラー。企業向け経営コンサルタント業務のかたわら、個人のお悩み相談に乗っている。心理学や経営戦略理論を駆使したアドバイスは、キャリア、お金、人間関係、恋愛・結婚・離婚、天職など幅広い分野をカバーする。「薔薇色仕事塾」「天命IDEA塾」主宰。著書「選ばれる人になる34の習慣」ほか。セミナーや個人セッション、好評受付中。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ