• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの仕事運が上がらないのは自意識過剰が原因かも

2018年1月16日

やりたい!と思ったらすぐ手を伸ばそう チャンスはもう目の前に来ている

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「いい人」は、つい物事や状況をネガティブに捉えてしまいがち。そこにばかり目を向けていたら、せっかくのチャンスを逃がしてしまうことになるかもしれませんよ。

 なぜ、多くの女性たちは、状況や物事のネガティブな面ばかり見るのでしょう?

 そしてなぜ、多くの女性たちは、そこに焦点を当てて「だからダメですよね」と自分で結論づけ、せっかくのチャンスを手放してしまうのでしょうか?

 これが、私がキャリア・コンサルタントとして個人セッションを始めた頃の疑問でした。(もう数百年も昔のことのようです……)どうでしょう。あなたにも、思い当たることありませんか?

困った状況 それ、チャンスです

 Hさん(30代後半)からの相談をご紹介しましょう。

 「今私がいる部署はとんでもない状況なんです。他部署から移ってきたばかりの課長は、ウチの部の仕事のことを何も知らなくて。係長は少し空気の読めない人だから、そんなことに全然気付かないし、課の他の人たちはみんな自分の仕事で精いっぱい。だから他部署からの依頼事項が滞っているんです。なんだかもう、職場に行くのがツライんです」

 なんだか面倒な状況になっているみたいですね。

 でも、ここに一つ希望があるんです。

 「異動してきた新任課長が、慣れない職場で困っている」ということが気掛かりなのは、今のところHさんただ一人。

 これってHさん、あなたのチャンスじゃないですか!!!

チャンスの神様には、前髪しかないんですって イラスト/六角橋ミカ

 仮に、ベテランHさんが、新任課長の困っている仕事をさりげなく手伝ってあげたら?

 仮に、新任課長が分からないことを、Hさんがうまく説明してあげたら?

 細かいことによく気が付くベテランのHさんにとっては、難しいことではないはず。

 そうしたら異動してきて右往左往している課長は、とても助かるのではないでしょうか? 親切な対応をしてくれたHさんを、頼もしく思うに違いありません。

 つまり、「新しい上司を助け」つつ、Hさんの「有能さをアピールする」のに、絶好のチャンス。

 ところが、こういう話をすると意見は二つのタイプに分かれるのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
キャサリン門田
キャサリン門田
キャリア・イノベーション協会代表理事、経営コンサルタント、キャリアカウンセラー。企業向け経営コンサルタント業務のかたわら、個人のお悩み相談に乗っている。心理学や経営戦略理論を駆使したアドバイスは、キャリア、お金、人間関係、恋愛・結婚・離婚、天職など幅広い分野をカバーする。「薔薇色仕事塾」「天命IDEA塾」主宰。著書「選ばれる人になる34の習慣」ほか。セミナーや個人セッション、好評受付中。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ