• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「普通の結婚教」に入信しないと幸せになれないのか?

2016年11月11日

私にとって「ちょうどいい人」の見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

“失恋ホスト”としてこれまで1000件以上の恋愛相談に乗ってきた桃山商事のメンバーが、読者から寄せられたお悩みに対し、すぐに使える実用性の高いアイデアを伝授します!

 こんにちは。桃山商事です。今回お悩みを寄せてくれた多恵さんは、周囲からの結婚に関する「アドバイス」に悩まされています。まずはその悩みを紹介します。

そんなに「結婚向き」な人を選ばないと結婚できないの?

 年齢のせいか、飲み会があると必ずと言っていいほど恋バナになります。そして、周りは既婚者や恋人のいる人が増え、独身で彼氏のいない私はアドバイスをされる立場になりがちです。

 私はちょっと欠点があっても「面白い人」が好きなのですが、それに対してよくこんなことを言われます。

・「いい人」と試しにお付き合いしてみたらいいじゃないか。
・その年齢で「クソメン」を選んでどうするんだ。
・どんな人と付き合うとしても、ゴールを定めないと年だけ取っていくよ。
・どんな恋愛も3年で冷めるんだから「いい人」を選ぶのがよい。
・過去に付き合ってた彼は「いい人」だったのだから結婚しておけばよかったのに。

 男性と深く関わる機会が少なめなので、アドバイスを聞いていると、まるで世の中は「いい人(結婚に向いている)」と「クソメン(結婚に向いていない)」の2種類しかいないかのようです。さらに、男友達(既婚や彼女持ち)を幼馴染などに会わせたとき「あなたの周りはたまたま面白い人が多いだけで、普通はもっとつまらないよ」と言われ、混乱しています。

 そんなに「いい人」と付き合わないと幸せになれなくて、結婚できないのですか? ちょうどいい人はどこにいるの?

 「いい人」を好きになることを強要しないでほしいです。でも彼氏ほしい!(33歳・多恵)

アドバイスになっていないアドバイス

 多恵さんは、やたらと「いい人」を勧めてくるアドバイスに苦しめられています。まずもって指摘しておきたいのは、自分の価値観を多恵さんに「強要」しているこれらの発言は、彼女の中に混乱と嫌な気分を生み出しているだけであり、到底「アドバイス」の体をなしていないという事実なのですが、それを踏まえてここで考えたいのは、なぜ多恵さんがこの「アドバイスになっていないアドバイス」を軽くスルーできずに悩んでしまうのかということです。

 その理由を明らかにしていくことが、多恵さんが現在抱えているモヤモヤとした悩みを解決することにつながるのではないかと、我々は考えています。

 そこでここではまず、アドバイスにあるいい人クソメンとはどういう人なのかを見ていきます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
清田代表と森田専務を中心とする恋バナ収集ユニット。2001年結成。これまで1000人以上の男女から見聞きした話をコラムやラジオで紹介している。ニコニコチャンネルで「桃山商事の恋愛よももやまばなし」も更新中。著書に「生き抜くための恋愛相談」(イースト・プレス)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ