• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

恋の悩み 掘り下げると「孤独への不安」にたどり着く

2017年10月20日

桃山商事インタビュー後編「男ってなんなの?」「恋愛する相手がいない」の悩みに答えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ウーマンオンラインの連載「で、私の彼氏はどこにいるの?」の内容が収録された新刊「生き抜くための恋愛相談」を発売した桃山商事さん。本インタビューでは、働く女性が抱える「恋愛の4大お悩みジャンル」の解決方法を、桃山商事の中の人・清田隆之さんと森田雄飛さんに探っていただきます。後編となる今回は「男ってなんなの?」「恋愛する相手がいない」がテーマです。女性の悩みを聞き続けた彼らが見つけた「恋の悩みの原因」についても、話していただきました。

前編はこちら → 働く女性が抱える「恋愛の4大お悩みジャンル」とは?

お悩みジャンルその3「男ってなんなの?」

~こんな悩みのあなたに~
・男の考えていることが分からない
・彼氏と話し合いができない
・男にモテる方法を知りたい
・男ゴコロを学びたい

――「すぐ不機嫌になる」などの悩みが本には登場しますが、この悩みを持つ人に特徴はありますか?

清田 これは男性の思考や行動パターンがよく分からないことから生じる悩みですね。彼らは何を考え、何を求めているのか。そんな男性たちとどう接すればいいのか……などと悩む女性は少なくありません。「不機嫌な男性」の問題もその一つで、原因は男性が自らの不機嫌について理由を説明しないからだと考えられます。そうなると、女性は「なぜだろう?」とますます考えてしまいますよね。それで、「私が何かしたのだろうか」「何か隠しているんじゃないか」と「負の勘ぐり」が進んでいく……。

森田 もちろん、すぐに不機嫌になる女性も、不機嫌にならない男性もいますので、すべての問題を男女の違いだけに還元しようとしているわけではありません。

清田 どんなケースにも「個別性」と「普遍性」があって、「この人だからそうなる」部分と、「男性だからそうなる」部分が混在してると思うんです。この本では、男性的な要素が多分に入り込んでいるところ(=普遍性)について自らの体験などを含めながら考えています。

森田 「男ってこういう生き物だから」とか「男ですいません」などといった、男性性にあぐらをかくような言動を許すことは、男性への甘やかしにほかなりません。……と、偉そうなことを言ってますが、我々自身もこれまでの人生で、そういう甘やかしに乗っかってきたという自覚があります。だから自戒を込めて回答しているし、書いたことがそのまま自分自身にブーメランみたいに返ってくるようなところもあります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
清田代表と森田専務を中心とする恋バナ収集ユニット。2001年結成。これまで1000人以上の男女から見聞きした話をコラムやラジオで紹介している。ニコニコチャンネルで「桃山商事の恋愛よももやまばなし」も更新中。著書に「生き抜くための恋愛相談」(イースト・プレス)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ