「女性だから成功」「若いうちに苦労を」は正解ではない

基調講演に登壇した佐藤博樹教授
一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。83年法政大学大原社会問題研究所助教授、87年法政大学経営学部助教授、91年同大学経営学部教授、96年東京大学社会科学研究所教授。2014年より現職。著書に『人材活用進化論 』(日本経済新聞出版社)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著、日経文庫)、『ワーク・ライフ・バランス支援の課題:人材多様化時代における企業の対応』(共編著、東京大学出版会)、『介護離職から社員を守る』(共著、労働調査会)など。内閣府・男女共同参画会議議員、内閣府・ワーク・ライフ・バランス推進官民トップ会議委員、厚生労働省・イクメン・プロジェクト顧問、経済産業省・新ダイバーシティ経営企業100選運営委員長などを兼任