• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「私はダメ」自虐の無限ループ あなたのせいじゃない(2/4)

2017年7月18日

自分の居心地を悪くしていたのは「ペテン師症候群」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「だから『女性』のお前はダメなんだと思われる」という恐怖

 私は5年間、日経WOMANの編集長を務めて、50歳のときにその一つ上の職位である発行人に昇格しました。そのときに味わった心理的なワナについてお伝えしましょう。

 日経WOMANも日経ウーマンオンラインもほぼ女性だけの編集部でした。全員女性で、ワイワイガヤガヤとガールズトークをしながら仕事を進めてきました。出る会議も女性のみか女性が大半を占めるというものが多かったです。

 しかし発行人になったときに、出る会議の様相が一変しました(編集長はその媒体の編集の責任者ですが、発行人とは編集のみならず、販売、事業などブランドに関するすべての責任者で、出る会議も違ってきます)。女性は自分だけか、女性が少数派という会議に出ることが多くなりました。

 そのとき私はこれまで感じたことのない不安や心細さを感じました。会議で緊張することなどなかったのに、すごくドキドキしました。

 「今、ここで私が変な発言をしたら、フモトができないヤツと思われるだけでなく、だから女性の発行人はダメなんだと思われる」――こんなことを思っていたのです。

「だから『女性』のお前はダメなんだ」と思われたくない… (C) PIXTA

 後に、この葛藤は、少数派である女性が味わう「トークニズム」と呼ばれるものだと知りました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
麓幸子
麓 幸子(ふもと・さちこ)
日経BP総研フェロー。1984年筑波大学卒業、同年日経BP入社。88年日経ウーマンの創刊メンバー。2006年日経ウーマン編集長。15年日経BP総合研究所副所長。17年日経BP総研マーケティング戦略研究所長。18年現職。法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。内閣府、林野庁などの有識者委員を歴任。筑波大学非常勤講師。著書は「女性活躍の教科書」「仕事も私生活もなぜかうまくいく女性の習慣」など。
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ