• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

見た目や思い込みで判断する人が陥りやすい罠

2017年4月7日

第一印象で人を判断することの危険性をサスペンスホラーから学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

仕事でもプライベートでも、出会った人がどんな人かを見た目で判断していませんか? その人の本質はそう簡単には見えないものです。

こう見えて泥棒さんです。許してはいけません (C) 2016 Blind Man Productions, LLC. All Rights Reserved.

 悲しい映画と怖い映画が苦手なライター、ゆうせいです。特に怖い作品が苦手なのですが、話題作となれば見たくなるから不思議です。GWも近いことですし、たまには怖い映画に挑戦してみることにしました。

 今回ご紹介する作品は「ドント・ブリーズ」です。一言で言えば、泥棒3人組が目の不自由な老人の家に侵入したところ、手痛い返り討ちに……みたいな流れの映画です。

 よりにもよって、目の不自由な老人の家に忍び込むなんてひどすぎると最初は思っていました。しかし、本作が教えてくれることは、「人を見た目で判断するな」という痛烈なメッセージでした。

【ストーリー】
親と決別し、街を出るため逃走資金が必要だったロッキーは、恋人のマネーと友人のアレックスと一緒に大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。だが彼は、目は見えないが、どんな音も聞き逃さない超人的な聴覚を持つ老人――そして想像を絶する<異常者>だった。

直感だけで人を判断していませんか?

見えてるんじゃないかと思うほどに追い詰めてきます (C) 2016 Blind Man Productions, LLC. All Rights Reserved.

 人は見た目でほとんどが決まるみたいな話はよく聞きますが、それって経験や考え方が直感に影響を与えてなんとなく決め付けているだけのことだと思います。

 子どもだから安心とか、おばあちゃんだから優しいとか、ごく一般的なイメージだけで判断していることと変わらない程度のレベルです。

 本作では「目の見えないおじいさん」と「お金を盗む若者」というありがちな構図が描かれているのですが、その構図にまんまとだまされてしまいました。

 今回の例でいえば強盗に入った若者が悪いことは明白であり、おじいさんが反撃して当たり前です。それが正当防衛の範囲を超えて、やりすぎちゃったとしても、まだおじいさんに味方したくなります。

 しかし、それこそが見た目で判断していることだと、気がついていませんでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
永井 勇成
永井 勇成(ゆうせい)
映画紹介を得意としているライター。「日経ウーマンオンライン」「シネマズ by 松竹」で映画コラムの他、複数のメディアで執筆中。企画・編集・執筆・モデルを提供するカンパニオの代表で、ぱくたそではフリー素材モデルとして不倫素材や、記者風素材を提供している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ