• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安藤優子の仕事術 健康維持に必要なのは「忘却力」

2018年6月19日

日経WOMAN創刊30周年記念 連載「妹たちへ」スペシャル講演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 東京ミッドタウン(東京・港区)で5月19日(土)~20日(日)に開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2018」。2日目の20日にはニュースキャスターの安藤優子さんが「続けることは自分を育てること」をテーマにトークセッションを行いました。『日経WOMAN』の人気連載「妹たちへ」に2000年に登場した安藤さん。そこからさらに18年のキャリアを重ねた今、ご自身の歩んできた道を振り返りながら、女性が輝くためのヒントを熱く語ってくれました。

女を「封印」して働くしかなかった報道現場

 女子大生時代にテレビの報道番組でアルバイトを始めた安藤さんは、この業界一筋40年の大ベテランです。仕事を始めた頃のテレビ報道界はどんな世界だったのでしょうか。

「封建的で保守的で、40年前は女性であることを封印しないと居場所を確保できなかったんですよ」と話し始めた安藤さん。初の政治家インタビューのエピソードを振り返ります。「20歳のとき、インタビュー経験もないのにプロデューサーから『ほとんど取材に答えたことがない自民党幹事長にインタビューに行け』と命じられたんです。理由を尋ねたら『政治家はお姉ちゃんが好きだから』ですって。今なら、『週刊文春』に載りますよね」

 セクハラという旬な話題に絡めた驚きのエピソードが飛び出し、参加者はのっけから安藤さんの話術に引き込まれていきます。さらに安藤さんは衝撃的な言葉を続けます。

 「それでも仕事なので取材に行ったら、たまたま、その幹事長が答えてくれたんです。ところがプロデューサーに報告すると、褒められるどころか、『だから言っただろう。政治家はお姉ちゃんが好きなんだよ』と言われたんです。セクハラという言葉がまだない時代ですが、とても傷ついて、後ろから蹴りを入れようかと思いました」。冷静な安藤さんからは想像もつかない言葉が飛び出し、会場は笑いに包まれました。

 「そのとき、二度と『お姉ちゃんだから』と言われないようにしようと決意しました」と安藤さんは話します。でも、それはもろ刃の剣。それ以降は「女性を前面に出さない、女性であることを封印する」という働き方を選んだのです。災害や事件の現場など、どこにでも行ったという安藤さん。男性と同じくらいできると証明するためには、やりたくないときも泣きたいときも、NOと言わないで男性と同化せざるを得なかったのです。

 自分で選んだ道とはいえ、いつも気持ちを強く保てたわけではありません。「海外出張のときのことを思い出します。成田空港を離陸するとき、飛行機の車輪がふわっと浮く瞬間があるでしょう? それと同時にどわーっと涙が出ることがあって。東京にいればテニスをしたり友達とご飯を食べたり合コンしたりと楽しく過ごせるのに、どうして私はこんなことをしているんだろうと思っていました」

 いつも自信に満ちている安藤さんが見せる不安や心の迷い――参加者は「成功して輝いている人でも、自分と同じように悩んで、それを乗り越えてきたんだ」と励まされたようです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ