• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「イケメンと結婚して専業主婦になるのが夢」

2016年11月10日

モテ期の20代、彼氏候補が次々と現れる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。ライターの大宮冬洋です。この連載では、キャリア女子の恋愛ルポを展開しています。僕は今年の冬で40歳になります。年齢を重ねるとせつないことも多いのですが、少しは良いこともありますよね。その一つは、自分と他人の弱さや欠点を許せるようになることです。

 20代の頃の僕は待ち合わせ時間などに異常に神経質でした。基本は5分前集合。5分でも遅れた人には誰であろうが文句をつけ、10分以上遅れたら怒り、15分以上は待たずに帰ってほぼ絶交、という過敏さでした。

 僕自身はいまでも時間や約束を正確に守るほうです。でも、それは自分の数少ない長所に過ぎず、決定的な短所もたくさんあり、しかもその短所はほとんど僕の人格と一致していて、今さら直しにくいことに気づくようになりました。あまり言いたくはありませんが、情に薄いところなどです。これだけで社会生活において致命的な欠点になり得ます。

 それでも僕が何とか生活できているのは、一部の寛容な人たちに許してもらってきたからですよね。とは言え、そうした人たちにそれほど感謝しているわけでもないのですが(このへんが僕の薄情なところです)、「他人の弱い部分を見つけても、できるだけ許容しなくてはいけない。人間関係や社会はそうして成り立っているのだから」と考えられるようにはなりました。大人になるということは、強さや完璧さへの無用な憧れを捨てていくことなのかもしれません。

 いまお話を聞いている鈴木明美さん(仮名、37歳)も、かつては恋人に強さを求めていました(前回記事 37歳・広告ディレクター 夢を諦め東京を去った彼)。明美さんは故郷の九州から遠く離れた東京で一人暮らしをしながら、広告制作会社のディレクターとして働き続けています。徹夜での作業が当たり前の世界なのだそうです。

 一方、九州での予備校時代から付き合っていた同い年の新一さん(仮名)は、東京での生活にさっさと見切りをつけ、公務員になる志も捨て、地元の小さな会社にUターン就職をしました。新一さんには新一さんの悩みや葛藤があったはずですが、20代だった明美さんには東京という戦場から逃げた弱い男として映ったのでしょう。いずれは専業主婦として子育てをする夢を持っていた明美さんは彼に失望し、別れを決意したのでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮冬洋
大宮冬洋(おおみや・とうよう)
1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。
公式ページ  http://omiyatoyo.com/
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ