• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

条件は「年収800万円超」 婚活のゆくえは?

2016年8月24日

3人と交際中、なかなか本命を絞れない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

日経ウーマンオンラインの人気連載「お見合いおじさんは見た!」「38歳からの、大人の恋愛論」を手掛けたライター・大宮冬洋さんの恋愛ルポ。キャリア女性にスポットを当て、仕事と恋愛について書き綴ります。今回は、40歳の化粧品メーカー勤務の女性を取り上げます。

 こんにちは。ライターの大宮です。いろんな人に会って「ぶっちゃけ話」を聞き、自分の感想も交えて文章にするのが僕の仕事です。企画の趣旨に沿った適切なインタビュー相手を確保することが仕事の苦労の半分ぐらいを占めています。

 この連載の場合は、都会で一人暮らしができる程度に稼いでいる30代半ばから40代半ばの独身女性で、恋愛事情をあまり隠さずに語ってくれること、が条件です。

 この条件に当てはまれば誰でもいいわけではありません。僕は相手に悪感情を持つと、それがそのまま文章に出てしまう傾向があります。よく言えば正直、悪く言えば未熟なのです。

 だから、一緒に飲んでいて楽しいと思える女性でなければなりません。すなわち、率直で知的で気遣いのできるすてきな女性、ですね。こんな風にぜいたくを言っていると、自分で自分の首を絞めるだけなのですが……。

 今回、東京・西荻窪のアジア料理店「ぷあん」で会っているのは、大手メーカーで正社員として働いている片桐圭子さん(仮名、43歳)です(前回記事は仕事に厳しい私だから、仕事ができない男性はNG)。オシャレな美人で、ときどき僕のことも褒めてくれる気遣い上手。飲みの席では明るくてちょっと色っぽい話もできますが、仕事になると自分にも他人にも厳しくなるそうです。まさにこの連載にぴったりの「キャリア女子」ですよね。

 圭子さんは2年ほど前から、ネット婚活サービスを使って複数の男性と会っています。自分よりも仕事ができない男性には恋愛感情を持ちにくい、という理由から年収800万円以上の男性を優先してデートしているとのこと。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮冬洋
大宮冬洋(おおみや・とうよう)
1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。
公式ページ  http://omiyatoyo.com/
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ